サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯準々決勝

 天皇杯準々決勝は好ゲームが多かったようで、金を出して観る価値があったのではないだろうか。

 今大会の見所は「浦和レッズ」のリーグとの2冠が達成されるかどうか。特に元旦の決勝では、ガンバとの≪決戦≫の再現が実現するかどうか?
 次に札幌の「ジャイアントキリング」が、どこまで続くかという事だったが、ベスト4に進出してちょっと色気が出てきている所だろうから、下手をすると準決勝は大敗という結果もあり得ると思っていた方が良い。このような番狂わせとか下克上がカップ戦の面白さであり、それが楽しみの一つだというのも理解されたと思う。
 天皇杯でJ2のクラブが地域予選を勝ちあがったチームに負けた時に≪J2のリーグ戦の上位争いに絡んだ≫状態の中で行なわれたゲームだったのに、不甲斐ないとか情けないとか、トンチンカンな批評を書いていたスポーツ紙が、札幌の快進撃をどう報じているかチェックしたら面白いよ。

 浦和対磐田の1戦は内容的には磐田の勝ちゲームだった。浦和が0対2から追いつき、3対2と逆転した時には、勝利への執念と勝負強さを感じたが、内容的には非常に危かった。「トゥーリオ」「ワシントン」の攻守の軸が抜けて代役を「永井」「坪井」が務めた構成ではJ優勝クラブの戦力は大幅にダウンしており「小野」が救世主的な活躍をしたのがこの結果に繋がったといえよう。
 磐田は懸案だった若手への切り替えが、ここに来て軌道に乗ってきたように感じる。このゲームで起用された若手は優秀な才能の持ち主ばかりで成長した時が楽しみだ。この2~3年が一流になるか2流レベルで終わるかの非常に大事な時期なので、「アジウソン」監督の采配に注目したい。
 
 PK戦での「蹴り直し」の判定が少し議論を呼んだようだが、岡田主審の「動くのが早すぎる」という判断は適切だった。問題となった酒井が蹴る場面では、その前にGK佐藤はジャンプしているが、完全に両足がラインから離れてしまっている。それも明らかに動くのが早すぎる。あれでは「蹴りなおし」の判定も当然であろう。
 
 そもそも、まず1本目に小野が蹴った時に、岡田主審は佐藤に対して「動くのが早すぎる」と指摘したとされている。その際に、頭の回転が早いとか、あるいは学習能力のあるGKならば「今日はやばいから次から注意しよう」と気がつくものだが、2人目からも同じリズムで押し通して続けたなんて信じられない。自滅行為である。その結果4番目に「酒井」を止めた所で「蹴り直し」の判定を下されても文句は言えない。自業自得ではなかろうか。酒井以後の5人目からは「動き出しや両足が離れるタイミングも適切なものになっている」のを見ると、PK戦に臨む姿勢に問題があったのは明らかだ。
 これで佐藤は頭の回転が鈍いという評価がされても止むを得ないと思う。ただ浦和の「坪井」はPK下手だな~。あれならGKはヤマ張って飛ばないで、蹴るのを見てから飛んでも止められるんじゃないかと思う。

 勝った浦和だが、このメンバー構成では準決勝で「鹿島」に勝つのは相当に難しいのではなかろうか。残った4チームの中では、ガンバが最も戦力的に充実しているので優勝に一番近いと予想するが、スンナリ行かないのがカップ戦の醍醐味なので、どのような展開になるか準決勝と決勝が待ち遠しい。 

スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/217-50f7c825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。