サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリノスの早野監督起用は疑問あり

 横浜マリノスが、ちょっと大変なことになっているようだが、一番、気掛かりなのが監督の有力候補に《早野》氏が上がっている事だ。
 確かに早野氏はJ-グチャンピオンに輝いた実績のある人材だが、今回は周囲を取り巻く環境が厳しいように感じるのだがどうだろう。ご存知のように柏レイソルでは、散々な出来だったし、マリノス以外では成功とは言いがたいのではなかろうか。

 しかも来シーズンのマリノスはベテランを中心に大量リストラを行い、強化費も大幅削減される事が決定している。これは何を意味するかというと、ヴェルディとのチャンピオンシップを制した時と比べて、今回は自分が使える選手には相当な制限が加わるという事だ。
 つまり、今回は大幅に限られた戦力の中で采配を振るうわけだから、《王者・マリノス》でも《スター集団や優勝候補》でもないクラブの監督としての采配能力が問われるともいえよう。

 そこで果たして「早野」監督で良いのかという疑問が出てくるのも当然だと思う。参考にするのは前回にマリノスで采配を振るって優勝した時ではなく、戦力が劣る柏の時の方が適切ではないか。
 
 福岡⇒川勝の時にも書いたのだが、《解説者と監督》の間を往復するような人事には好感が持てないし、失敗者の再就職に対しては、サポーターやスポンサー企業が納得するような説明を行なうべきである。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/218-72317635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。