サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯準決勝 「浦和対鹿島」の戦評

昨日は天皇杯準決勝「浦和」対「鹿島」を観戦した。

浦和は「トゥーリオ」「坪井」「三都主」「長谷部」「ワシントン」と攻守の要になっていた5人が出場していないために、苦戦が予想された。案の定、攻撃では点が取れそうな雰囲気が無くセットプレーは、ほぼ全部が簡単に跳ね返された。守備は急造DFラインが前半は、かなり左右に振り回されて再三ピンチを招いていたし、セットプレーではフリーにする場面も多かった。また準々決勝の磐田戦で問題となった「ゴール正面の中盤に出来るスペース」も依然として埋まらなかった。  

 対する鹿島は、守備は結構、安定していたように見えたが、高さと縦には強いがCBの二人は横に揺さぶられると弱い。攻撃面では、「野沢」のキープ力と「中後」「ファビオ」のコンビが良かったのだが、FWの決定力に貧しくチャンスに決められなかったのが響いた。前半「柳沢」「田代」の二人の動きは完全に浦和のDF陣を圧倒していたのだから惜しまれる。もし「小笠原」が居たら鹿島が完勝したであろう。
 残念だったのは、クラブ全体としてスケールが小さくなったように感じる事。それとサポーターが随分減ったのではないか。全盛期と比べたら相当パワーダウンしたようだ。やはりタイトルから遠ざかるとダメなのか?

 結局は「小野」の個人技に尽きる。
1点目は、まさに技ありのゴールだったし、格の違いを思わせるプレーを随所に見せていた。小野以外に注目したのは「鈴木啓太」・中盤で繋ぎ役としてフル回転して前線へ、逆サイドへとパスを供給し続け、前半は両サイドの守備と中央のカバーにと動き回り貢献度は大きかった。
 それと「内館」もよく踏ん張った。最後の一線で身体を投げ出して防ぎ、磐田戦で坪井が果たした役割を演じたし、ネネと細貝など周囲への指示は坪井よりも優れていたのではないか。失点場面は「ネネ」が「岩政」に振り切られてフリーにさせたもので、内館の責任ではない。

 準々決勝での苦戦とメンバー構成を見て不利と思っていた浦和が「鹿島」戦に勝った事で、やはりカップ戦の勝負は最後まで判らないと改めて感じた。現時点でも客観的に見れば「ガンバ」の方が強いと思うが、浦和の勝負強さと勝ち進む勢いが勝利の女神を呼び込むかどうかだが、明日は予想をしたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/220-00059055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。