サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の天皇杯決勝戦を予想する

明日は天皇杯決勝・浦和の2冠制覇なるか、それともガンバのJ発足後の初優勝が実現するかどうかだが、残念な事に浦和の方が負傷者続出でメンバー的に苦しいようだ。

 浦和は「鈴木啓太」と「山田」の状態が気になる。この二人が出られるかどうかが不明のために予想が非常に困難な物になってしまった。まず「無理」という前提で予想すると、中盤は「長谷部」と「堀之内」が代役を務めるのだが、守備では堀之内、攻撃では長谷部の比重が大きくなる。鈴木と同じ仕事は出来ないから違った形で貢献する方法を考えるべきで、特にガンバの「二川」への対応の結果次第で勝敗に大きく影響するはずだ。
遠藤⇒二川のラインを押さえる事が出来なければガンバが勝つ。浦和のDFラインでは「マグノアウベス」「播戸」を完封するのは不可能と見る。だから中盤から前線へ良いパスを供給させない事を最優先にした守備をしなければいけない。
 
 また「細貝」をマグノアウベスと心中させる覚悟で徹底マンマークさせる。さらに「家長」の攻撃力を考慮して自分達の右サイドからの攻めはほとんど捨てて、守備的に戦い潰しあいに持ち込むのも一つの方法だ。もし家長が潰しあいを怖がらずにアグレッシブに出たら浦和のDF陣は相当混乱すると思う。

 左サイドでの「相馬」と「加地」の一騎打ちも見もので、二人とも攻撃力があるために、このサイドは逆に攻め合いが見られるかも知れない。たぶん、経験豊富な加地がこの勝負を制するはずだ。中盤に「遠藤」「二川」が居る為に浦和のボランチの両サイドのカバーも、かなり制約を受けざるをえなくなるであろう。

 こう見てくるとガンバの方が圧倒的に優位に思えてくるが、問題となるのは、毎度おなじみとなったガンバの守備の弱さだ。天皇杯で毎試合失点・それ以外にも何度もカウンターからピンチを招いているのを考慮する必要がある。ガンバから見たら「小野」「ポンテ」の二人の個人技とコンビプレーにどう対応するかがポイントとなる。遠藤と明神の二人が守備に追われる時間帯が長くなれば、それだけ浦和が有利にゲームを進めるはずだ。

 相変わらず守備に弱点があるがベストに近いメンバーで臨めるガンバ。
 守備の強さでJリーグを制覇したが、今回は主力の抜けたDF陣が一杯一杯で頑張っているが、ガンバの攻撃力に圧倒される可能性のある浦和。

 現時点での出場可能な選手の力関係で判断すると、3-2でガンバの勝利と予想する。
ただし、鈴木啓太が使えるようならば、逆に3-2か2-1で浦和が勝つと思う。

 明日は国立へ行きます。どちらが勝っても良いゲームを見せてくれると期待したい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/221-c762316f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。