サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校サッカー決勝戦

 高校サッカー決勝戦の「作陽対盛岡商業」ハッキリ言って技術的には物足りない部分があったが、今後の課題を提供してくれたという点では、観るべきものが多数あったと思う。

 作陽は準々決勝までに見せた高い技術が思うように発揮できなかったようだが、裏を返せば、盛岡商業の守備が良かったという事だ。DFラインを高めにして、早く激しいプレスを仕掛けてくる。しかも対人的な強さを持った盛岡商業の壁を突破する回数も少なく、同点にされた後は何度か有ったセットプレーのチャンスも生かせなかった。救いは、あの激しいプレスの中で個人技を生かそうと、一対一の局面で果敢にドリブル突破を試みようとした事か。
 
 それに対して盛岡商業は守備面では、マーキングもカバーリングも中々良かった。ただDFラインからのビルドアップは悲惨としか言いようが無く、加えて中盤から前線へのパスは長短問わずに不正確で、まるで味方に確実に渡さなくても、相手からすぐに奪い返せるから、雑に蹴っても構わないとでも決め込んでいるようなお粗末なものだった。
 その反面、FWの突破力と走力は充分に見応えがあった。強引に裏を狙って走りこみ、球際の強さと当たり負けしない身体の強さは、まるで「韓国」を思わせるような迫力あるものだっただけに、正確なキックが出来ていなかったのが惜しまれる。

 今後の課題として、あの激しいプレスに有っても打開できる技術と対人能力の高さが必要だし、あの速さの中でも正確に繋ぐ、蹴るテクニックを磨いてもらいたい。
 両チームの長所をミックスすると、かなり強いチームが出来ると思うが、来年度にはそのようなチームが出てくる事を期待したい。
 今大会が守備的でつまらないというよりも、更にレベルアップして、次にステップアップするための準備段階にあると、改めて感じた一戦であった。

一昔前には「岡山」と「岩手」の代表校同士で決勝を戦うなどとは全く考えられなかったが、それが実現したのは、全国一律で同じ指導を受けられるような環境が整備された事と、サッカー人気が高まり底辺が広がった結果、身体能力の高い子供がサッカーをやるようになった事、また指導者レベルとチーム単位での交流が≪地域から全国レベルに至るまで≫盛んになった事の3点を上げたい。
 
 Jリーグが誕生したのが1993年5月である。今回の大会に出場した高校生は、その時はまだ小学校にも入学していなかったのだから、これもまたJリーグ効果と言えるのではないか。一昔前には野球に進んでいた子供達が、今はサッカーをやるようになってきた。プロ野球の現役選手とOBを観れば、長身・大型の身体能力の高い人が圧倒的に多いのが判る。あのような恵まれた体格・運動神経の持ち主達が、続々とサッカー界に入ってくると予測できるのだから、これからの日本サッカーのレベルは更にアップするはずだ。

ただ今日は、予想外に多勢の観客が来たのには驚いた。このカードでは、客の入りが悪いのではないかと油断していたのが間違いで、希望どうりの場所で観戦出来なかったのが残念だったが、前評判が低くて、守備的などとスポーツ紙に書きたてられても、これだけの観衆が集まるのだから、日本テレビもホッとしたんじゃなかろうか。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/224-595e0787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。