サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表候補のマスコミ報道について思う

 昨日、発表された、日本代表候補の合宿に初召集されたメンバーに関して、今朝のスポーツ紙各紙と一部夕刊には、予想どうりと言うか情けないというか、《サプライズ》という言葉が飛び交っていた。

 例えば「相馬」の場合は、
【 昨季の控え選手が異例の代表入りとなった。】(スポニチ)

 「川島」の場合は、
【 昨季は名古屋の控えだった川島の召集は驚き 】(読売)

 上記二人の場合は、所属クラブでの実績の無さと言う点で驚きとされているが、二人とも才能が無くて控えだったわけではない。昨日、記事を書いたけども、相馬はすでにヴェルディ時代にその才能を充分に発揮していたのだから、《実績》という点では何もケチを付ける理由は無い。それは実際にヴェルディのゲームを観てれば判るはずだし、担当のクラブでなくても天皇杯のタイトルを取った時の活躍ぶりを見たり聞いたりしたはずだ。
 まさかサッカー担当記者ともあろう者が、サッカー日本一を決める天皇杯決勝を観ていないという事はありえないだろう。

 特にレッズの場合は、ACL・A3・Jリーグと目標が目白押しで、スケジュールも厳しい。レギュラー以外の選手層を充実させて、メンバーが代わっても極端にレベルダウンしないような体制で臨んでいるのだから、控え選手が低レベルという論理は適用出来ない。控えが異例の代表入りと書いた《スポニチの記者》は、今シーズンのレッズは選手層が厚いなどと恥ずかしげも無く書くつもりなのだろうか?

 川島の場合も、2003年のWユースと時の活躍と、素材の良さは折り紙つきなのだから、これまた選ばれて不思議ではない。代表チームを編成する際にGKを3人選出すれば、そのうちの一人が23歳以下というのは、別に不思議な事ではなく、バランスの取れた編成と、将来に向けた若手育成という観点で行けば、その年代の選手がいない方が不自然だ。
 そもそも、前に所属していた「名古屋」では、才能が無いから控えだったのではなく、前代表の「楢崎」が居た事と、監督が楢崎を選んだという理由で控えだっただけだ。
《読売》の記者はGKの素材を見極める眼が全く無いのか?

」の場合は、
【 J発足以降、大学生では初の代表入り 】【アマチュア選手では市川以来の代表入り】

 は昨年のU-19アジアユース準優勝レギュラーメンバーで、大活躍したのは記憶に新しい.経歴を見ると《高卒時には札幌からオファーを受けたが流通経済大学入り》そして北京五輪を目指すU-22代表にも選ばれたばかりの逸材だ。
 大学生だろうがアマチュアだろうが、能力のある者、素質に恵まれている者が選抜されるのは当然の事であって、「学歴や職業」によって、代表候補選手選抜の基準が設定されているのではない。
 経歴で判るとおり、才能が無いからJリーグへ行けずに、大学へ進学したのではない事も明らかだ。

この「相馬川島」の3人のプレーを正当に判断できれば非常に優れた素材であるのが判るはずだ。

 フル代表⇒Uー23⇒U-20⇒U-17と、各カテゴリーの代表がある。それらの代表メンバーに選ばれた者の中で優秀な者、あるいは代表監督の目に止まった者が、次々と、あるいは飛び級で、上のカテゴリーの代表に選ばれていくのは当たり前の事であって、その都度サプライズ等と書き立てる必要はない。

 このように、マスコミのサッカー担当記者の中には、信じられないような、お粗末なサッカー観察眼しか持っていない者が居るのが実情である。こういう記者でも《プレスとして取材して記者席で観戦出来て各種資料が入手出来る》

《その上、世間に公表出来ないオフレコ情報を入手可能だ》

 このような記者が書いている新聞や雑誌に、金を出して読む価値があるだろうか?サッカージャーナリストを目指す若い諸君は、彼らの記事を反面教師として受け止めてもらいたい。



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/236-b177a4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。