サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子代表・五輪予選の組み分け決定

 女子サッカーの北京五輪予選の組み分けが発表されたが、良く言えば大笑い!悪く言えば拍子抜け!と言ったところか。

 この組み分けならば、いわゆる「無風区」状態で、よほどの大番狂わせでも無ければ、五輪出場は、まず決定同然といえよう。タイとベトナムに、韓国対香港の敗者が入るが、多分「香港」が入るだろうから、正直言ってこんなに楽な予選で誠にありがたい事だと思う。
 世界大会の予選ならではの、ハラハラ!ドキドキ!という緊張感のあまりないゲームになると予想されるが、素直に喜びましょう。
 予選は、あくまでも予選であって、強化目的のゲームではない。強豪と厳しい勝負を掛けた対戦経験を積んだ事で、結果的に強化に繋がったという効果はあるだろうが、あまり本番に向けた準備にはならないだろうから、そういう視点で観てチェックする必要は無い。
 「大橋」監督のような《勝つための采配ではなく、自分の構想に基づいたチーム作りと采配を行なう》人物には、この方が良い。理想を追求するあまり、思わぬ敗退という無残な結果を残す危険性もあるからだ。

 それよりも興味があるのが、もう一つの組だ。
「北朝鮮」「オーストラリア」「台湾」それと「韓国」が入ると仮定して、ここは激戦になる。韓国がどこまでレベルアップ出来て、上位二カ国に対して、どこまで食い下がるかという興味もあるが、実力では日本と互角か上に位置する、北朝鮮とオーストラリア戦は壮絶一戦になるのは確実で、この対戦を観たいと希望するサポーターも居ると思う。

 ホーム&アウエー・2ゲームともテレビ中継して欲しい。何処でも良いから中継をお願いしたい。
  
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/240-8860cc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。