サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川淵会長.定年廃止に動くか?

 BBC放送が伝えた所によれば「ブラッター会長」は、W杯2010年大会が不測の事態で南アフリカでの開催が不可能になった場合、代替開催地の候補の一つは日本であると語ったという。

 日本のほかイングランド、米国、メキシコ、スペインを候補地にあげたとされているが、大変な名誉を賜った感謝と、2002年≪日韓分割開催(共同開催では無い)≫の≪建国2667年≫の歴史の中における、国家的・民族的な歴史的屈辱を晴らすチャンス到来に大きな喜びを感じる。
 
 今回、候補として名前が挙がった国は、非常に短期間の準備で本大会開催可能な国と言うお墨付きをもらったような立場だと判断して良いのではないか。これは今後の国際的なビッグ大会の開催地に立候補する際の強力なアッピールポイントとなるであろう。日本は、インフラで、ビジネスで、高い評価を受けている事を意味する。自分のように昔からサッカーを愛してきた人間から見たら、ここまで評価されるようになったのは夢のようで信じられない。
 また世界サッカー史上最も恥ずべき大会となった2002年の分割開催をFIFAが高く評価していないという事を意味している。韓国単独とか共催ではなく日本単独なんだからな。
 あれはFIFA内の人事&権力抗争に利用された結果だったわけだから、スウエーデンの極悪悪魔「ヨハンソンの権力亡者のゴキブリ野郎」が、権力から離れたのも幸いするだろう。

 もし2010年が日本単独開催になったら、≪2667年≫の≪皇国日本≫の歴史に輝かしい1ページが刻まれる事になる。お隣りの大韓民国の皆さんには、U-17のW杯の成功に尽力を尽くして欲しいと心から願っているから、2010年の大会は我々に任せてくれて大丈夫だ。

 しかし、喜んでばかりも居られない事態に発展する危険性が出てきた。それは、あの≪川淵大尉殿≫が、2010年まで居座るんじゃないかという懸念だ。昨年度の騒動の際に、一部マスコミで「定年廃止」を匂わせたというから、ひょとしたら、定年廃止で2010年日本単独開催を花道にして引退しようと目論んでいるかもしれない。一人の会長在任中にW杯を2回も開催した協会があっただろうか。
 このような名誉と誇りは「独裁者に」とっては、誠に美味しいご馳走に違いない。もうすでに≪川淵大尉殿≫は、名誉欲と権力欲の塊のような存在になっているように見えるから、目の前に転がってきた「欲望の餌」を食べる為には、あらゆる手段を使ってでも手に入れようとするだろう。

 というように考えたら、やっぱり「チョン・モンジュン」にもう一踏ん張りしてもらって日韓で開催して≪名誉ボケ・権力ボケの貪欲な独裁者≫に赤っ恥を書かせてもらえれば、それも良いかもしれない。

 今後は「川淵大尉殿」の発言と行動に注目しよう。

 当ブログの常連の皆様、更新が滞ってすいません。ゴールデンウイーク色々あって思うように動け無い状態です。今年は特に3~5月は諸々の事情で時間がとれずに多忙でした。明けには元に戻るでしょう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/253-657f9e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。