サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉のフロントは誰の為に存在するのか

 ジェフ千葉のサポーターが怒っているようだが当然だろう。
成績不振で、このままではJ2降格候補となる可能性も大きいというだけでなく、補強と戦力アップに関してのフロントの対応には疑問符を付けざるを得ない。

たとえば、主力選手をあまりにも簡単に放出しすぎるのではないだろうか。現状ではJ1の各クラブへの選手供給源のような役割を演じているといってもおかしくないように感じるがどうだろう。
「阿部」のレッズへの移籍は、本人の希望を尊重するという点では、止むを得ない面はあるが、将来ジェフ千葉の黄金時代を築くという夢か目標があったならば、大きなマイナスだったし、それ以前にジュビロに「チェ・ヨンス」「茶野」「村井」と3人もの移籍を容認したのは、全く理解不能で、Jリーグへの参加とクラブの姿勢に関して疑問を感じたものである。
 主力選手を放出したら、穴埋めを行うのが当然ではないだろうか。若手の成長に期待するという考え方は間違ってはいないが、それは「穴埋め」にプラスする要因として位置づけるべきであって、ジュビロから主力選手の見返り要員を要求するとか、他のクラブから代表クラスの選手を補強するのが筋であった。

そして強引かつ身勝手な協会からの「オシム」の代表監督就任要請を受け入れて、自らの次期監督には安易な昇格で済ませる対応は、本当にJリーグでタイトルを狙うとか、強豪クラブの地位を目指す意思をフロントが抱いているか問わざるをえない。

 淀川社長は、あの時点で「サポーター」や「残された選手」に対して大きな借りを作ったようなものではないか。
 今、改めて振り返ってみよう。ジェフのフロントは「オシム」と他のクラブへ流出していった主力選手に匹敵するだけの穴埋めの補強を行っただろうか?
 もうこれだけ、協会や他のクラブなど、「日本サッカーの為に協力してきた」のだから、これからは自分のクラブの強化と黄金時代実現を目指しても良いのではなかろうか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/257-63d42f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。