サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみなキリンカップ

 キリンカップが待ち遠しい。特に1日よりも5日のコロンビア戦が楽しみだ。

1日のモンテネグロ戦は「中村俊輔」は欠場のようだが、「稲本」「高原」「中田浩二」と揃うから、この3人がチームを引っ張る姿と、それに国内組が、どこまで着いていけるかを見るのが楽しみだ。
「高原」は3月の対ペルー戦で、その実力を発揮してスーパーゴールで感動させてくれたし、「稲本」「中田浩二」の二人、特に中田浩二は、常時ゲームに出場して得た貴重な経験と自信を活かしてほしい。
 たぶん、モンテネグロ戦では、まだ国内組との連携は上手く行かないだろうが、Jリーグもシーズン真っ最中だから、そう酷いゲームはしないと思いたい。心配なのは疲労蓄積くらいだろう。

 5日の対コロンビア戦で海外組4人が揃ったチームを見れる事になるが、この4人が、それに加えて国内組が、どのように融合するかの興味が尽きない。中盤プレーヤーとしては「阿部」「鈴木啓太」「遠藤」らが居るのだが、どういう構成にするか、起用法を選択するか、うまくはまれば相当強力な中盤が出来る。
 守備面では、ボランチ・左サイドのDF・CBと出来る「中田浩二」の老獪さ、攻撃面では「稲本」の第二列からの強烈な攻め上がりを見たい。彼らと一緒にプレーする事で、若い選手達が刺激を受けて飛躍の切っ掛けになれば、今回、召集した意義は充分あるといえる。

何故こんなに期待するかというと、海外組といっても「ジーコ」の時と異なり、選手個々の自主性や個人中心の姿勢ではなく、監督の方針に従い、自分のわがままよりもチームの為に組織の大切さが理解出来て居るメンバーが揃った点にある。
 
 このキリンカップでの戦い方から、アジアカップへの展望も見えてくるような気がするので、非常に注目する大会と受け止めてジックリと観戦しようじゃないか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/260-748a8c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。