サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2・水戸対鳥栖を見てきた

 水戸対鳥栖(笠松運動公園)を観戦してきました。
久しぶりのJ2観戦で、正直言ってあまり期待していなかったのですが、これが意外と面白くて見ごたえのあるゲームで、何か得をしたような気分になれた。

 鳥栖のGM・松本育夫さんに会う用事が有ったので、鳥栖の応援をしていたのだけども、内容では水戸が上回ったが、結果は鳥栖が辛勝で、サッカーの怖さ、面白さを改めて教えてくれたゲームだった。

 まず,ビックリしたのは水戸が凄いサッカーをやってくれた事。スリーラインをしっかりと保って、攻撃と守備のバランスが良く、中盤でのプレスの確かさ、攻撃に移った時のテンポの良さ等、まるで欧州のクラブのような有機的でキッチリとした戦い方で、とても最下位のクラブとは思えないハイレベルなゲーム運びに前半は感心してしまった。
しかも、負傷などで主力が数人欠けていると聞いて、さらにビックリ!

 しかし、後半途中65分位から、スタミナ切れを起こして次々と問題点を露呈。中盤で、それまで連動して機能していたプレスのタイミングがずれ始めて、鳥栖に自由にボールを持たれてしまい、DFラインは、ラインを維持するのにこだわるあまり、FWをフリーにしてしまう。DFとボランチの間にできたスペースを有効に使われて、鳥栖のFWにマークを外す動きをされると、簡単にフリーにする有様で、最終的に自滅したような展開になってしまった。


 それに対して鳥栖の粘り強さと渋とさ、そして「ユン・ジョン・ファン」の個人技が鳥栖に勝利を呼び込んだのだが、体力と集中力の差で勝ったといって良いのではないか。水戸の選手が終盤、足をつりかかったり、プレーが止まった時に、腰やひざに手を置いて苦しそうにしていたのとは対照的だった。≪松本イズムの成果だろうか?≫

 それにしても、J2で決してネームバリューのあるクラブとは言えない、水戸と鳥栖の両クラブの対戦が、昔の日本リーグ時代の上位チームよりも、レベルが高くハードなゲームを行っていたのを観れて、またゲーム前の貴重な時間を割いて、お会いしていただいた「松本育夫」氏の素晴らしい人柄に触れる事が出来て、非常に感激して帰宅する事が出来、実に有意義な一日を過ごせた。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/262-83b00e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。