サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンカップ2007・対コロンビア戦

 さいたまスタジアムへ、キリンカップの対コロンビア戦を観てきました。スタジアムに入った処で、偶然「サッカー講釈」でお馴染みの「武藤」さんとバッタリ会い、「水戸ホーリーホック」とJ2の話題を意見交換したところ、J2もかなりレベルアップしたようなので、時間が許せば観戦に行こうと決めた。

 さてゲームの方は、選手個々には期待外れの部分もあったが、ゲーム自体は巧ゲームで面白かった。久しぶりに南米からまともなレベルの高いサッカーが出来て、闘争心と意欲を持ったチームを観る事ができた。
両チームとも、相手の中盤選手をつぶす事を重要な点と位置づけたようで、海外組中心に華麗なパスワークを期待した人には、少ない得点チャンスを生かせなかった事も含めて、物足りないゲームに映ったかも知れない。
 前半はコロンビア、後半は日本が優勢にゲームを進めたが、
日本は「稲本」「中村俊輔」「遠藤」の3人を攻撃面で活かそうというテストは失敗に終わった。特にトップ下で起用された稲本は「中央に居る」だけの選手ではないのだから、実にもったいない起用である。稲本が振るわなかったのは「オシムの采配ミス」を指摘したい。

 「遠藤」のポジションが何時もより高めに位置したのもマイナスとなった。かなり」やりにくそうに見えたがどうだろう。
それと中盤を高くあげた割には、攻めに入った時に、あまり褒められたものではない。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/264-f728861c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。