サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪予選・対マレーシア戦

 国立競技場で、男子五輪予選の対マレーシア戦を観戦して先ほど帰宅。日本はすでに最終予選進出を決めており、順当にいけば一位で通過するのは確実なので、このゲームは気楽に余裕で観戦出来た。

今まで出場機会に恵まれなかった控え選手主体のメンバーというのが不安要因ではあったが、完全にゲームを支配し圧勝したのは、日本サッカーの層の厚さの証明であり、またひとつ歓びと楽しみが増えた。

 課題としては、攻撃と守備と両面で連係の悪い部分が有ったが、初めての即席編成だったのを考慮すれば許容範囲である。1点を取られてからMFとDF陣が少し不安定な状態になったが、これは二つの理由があって、一つは普段このような公式国際試合に出ていない為に、対応するのに時間がかかったのではないか。おそらく主力組だったら何の不安感を抱かせずに、ゲームが進行していたはずだ。二つめは、生き残りをかけた場であるために、選手個々がヒートアップしすぎて、良い所を見せようと意気込みすぎたのが裏目に出たと考えられる。

 最も、大きくて憂慮するべき課題は、相変わらず、セットプレーからの失点を喫した事に、DFラインとGKの間の散漫なパス交換でピンチを招いた事である。控え選手主体にメンバーが代わっているにも関わらずに、レギュラー組の時に見せたのと同じ課題が出てくるというのはなぜなのだろう?

 選手が代わっているのに、同じミスが浮き彫りになる。
これは選手よりも指導陣、もしくは指導方法に問題があると考えるのが理に適っているのではないか。

ハッキリ言ってFW陣には大変失望させられたが、残りのメンバーの中で「鈴木」「長友」「一柳」の3人には合格点をあげたい。

しかし、守備面での改善が無ければ、最終予選では敗退という運命が待っているに違いない。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/265-dfac46ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。