サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表メンバー発表

 アジアカップに臨む代表メンバー23人が発表されたが、順当な結果だった。30日のJリーグの結果に関係なく、オシムはすでにメンバーをほぼ固めていたといわれており、30日のゲームは代表候補に選ばれた30人にとっての最終選考の場ではなくて、負傷しないで乗り切るかにのみ焦点があったといえるのではないだろうか。

 今回の発表で興味深かったのが「前田・ジュビロ」が選ばれるかどうかだったが、FWは過去にA代表の実績あるメンバーが残り、実績のない前田が外された。非常に調子が良かっただけに残念だと思う人が大勢いるだろうが、ここにアジアカップに対するオシムの姿勢というか意気込みを感じる。
 今までの国際大会やAマッチに備えた合宿では、Jリーグでの活躍&好調を評価して代表に招集してきたのに、今回前田を残さなかったの理由は、大会3連覇を目指し、最悪でもノルマであるベスト4の成績を上げるためには、実績を重視するのと合宿で他のメンバーとのコンビネーションを試した結果であろう。
 したがって、この決定は受け入れねばならない。戦術重視で、守備力を要求されるのがオシムのやり方なのだから、単に一人で得点を挙げているだけでは、代表の他のメンバーとの関わりを考慮して、残りのFW陣との比較で不十分だったと判断されたと思われる。つまり、前田の個人能力が劣っているのではなくて、周囲との連携を考慮した末の落選と解釈したい。
 だから、例えば、もし前田が故障からの回復⇒復帰が早かったならば、もっと前から合宿やゲームに出場して、周囲のメンバーとの連携や相互理解も深まり、有力な選手になっていった可能性が強いはずだ。次の南ア大会での活躍を期待して、アジアカップ集合後にはメンバーに招集されて、再度、代表入りを狙えると思って良いだろう。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/270-90c506db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。