サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対オーストラリア戦の展望

 明日は、いよいよアジアカップ準々決勝の対オーストラリア戦だが、ちょっと展望をして見よう。

 今回の対戦は日本が有利だと思う。現在の代表をドイツ大会の時と比較してみると、一番の違いであり、また日本が戦力アップしているのは「監督が違う」という点だ。「無能のジーコ」と「オシム」なのだから、恐らくオーストラリアも一番警戒しているのは、監督の采配ではなかろうか。不安なのは「山岸」「羽生」に執着し「阿部」のCB起用くらいか。

 W杯でのオーストラリア戦の終盤におけるゲーム展開を振り返れば、FWとMFが消耗してバテバテの状況で、DF陣はハイクロスへの対応で苦しめられ、その上セカンドボールを拾われて波状攻撃を許すという展開にも関わらず、≪DF陣のクロスを妨害するために前線からチェックし走り回るFW≫や《中盤で相手を潰しまくり、ボールを拾いまくるMF≫を投入する事をしなかった「無能のジーコ」采配が印象的だった。あの敗戦は【人災】だったのである。

 今度は違う。MFには、あの時には居なかった「水を運ぶ」者がいる。「鈴木啓太」「今野」の存在は守備面で大きなウエイトを占めるはずだ。そして「ファンジスタ・俊輔」と「高原」の二人は今回の方がコンディションが良い。チーム全体として「個人の自由」や「自主性」を軸にして戦うチーム作りをした「無能のジーコイズム」ではなく「組織を生かし」「戦術を優先する」オシムイズムが浸透しつつある。

 ドイツ大会のオーストラり戦では、コンディショニングに失敗して暑さにやられたが、ベトナムでは、今度はオーストラリアが暑さと湿気に苦しまされる番だ。
 メンバー的に言えば、速さと高さでは「坪井」がいるので、思い切って「阿部」を外しても良いかも知れないし、前線からチェイシングする巻はリードした状況での後半には非常に効果的なのだが、やっぱりスタメンから行くのか?
 
 残り30分を過ぎた時点でリードしているか、されているかで選手起用は違って来るはずだが、ここはオシム采配の見どころでもある。例えば、もしリードされていたら、すばしっこい「佐藤寿人」の起用があるだろうし、ひょとしたら、ここまで酷評を浴びてきた「羽生」が終盤になって、あの運動量と速さを活かして多大な貢献をするかも知れない。

 暑さと湿気に苦しんでいるのだから、今回はオーストラリアに勝つ絶好のチャンスだ。この環境下で勝たせてしまうと、彼らに大きな自信をつけさせてしまう。絶対に負けられない戦いと念じて勝ってもらいたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/274-dc3be58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。