サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀋陽・四カ国対抗

 中国で開催されているU-22代表の四カ国対抗戦は一体何の為にやってるのか判らない大会に見えるが、五輪を一年後に控えたスタジアムや地元組織の運営の経験と準備の為という側面と、中国代表は「遠征と合宿を重ねてこんなに強くなりました」というのを党や国民にアッピールするために行っていると思う。

 自分が興味深いのは、中国が日本以外の国と対戦した時にも、同じようなでたらめな審判とブーイングとラフプレーが横行したのかどうかという事だ。もしそうだったら、この中国代表は五輪終了後は恐るるに足らずだ。
 
 よくこれだけ平均的に高いレベルとフィジカルの強いメンバーを揃えたと関心するが、長身大型で速くて強い選手にそれを前面に出すチーム作りは、明らかに対欧州&アフリカ対策と思われる。地元開催の北京五輪で、本気でメダルを取る為のチーム作りをしているのがよく判る。アジアの予選を戦う必要がないから当然と言えば当然だが、本当にこれで良いのかと考えさせられるチームである。
 この中国チームの第一印象は《とにかく荒っぽいプレーが多い≫という事だ。記憶に間違いが無ければ、イギリスに遠征して乱闘騒動を起こしたチームだったか?
 対日本戦で審判が全員中国人だから、このような内容になっただけではなくて全般にわたってラフなプレーをするようならば、北京五輪終了後のアジアカップやW杯の予選でのアウエイゲームでは大変なことになるだろうし、決定的な致命傷となるのは選手が伸びないと予想される事だ。

 ラフプレーの多さとマナーの悪さに加えて、SHが下手なのも目につく。あれだけフィジカルで優位に立ち、審判の判定に助けられたおかげで、日本DF陣が思い切って当たっていけないのにも関わらず、まるでゴールが欲しくないのではと思えるような決定力の無さであった。

 逆に日本にとっては非常に有意義なゲームだった。このような展開の中から、選手個々のメンタルの強さ、冷静さ、賢さなどが見えてくる。ベストメンバーの中国に対して、こちらはメンバーを落としており、しかもU-20の若手に経験の場を与える事が出来たのだから、結果は0-0でも、内容や今後の対応の仕方では日本には大きなメリットがあったのだ。  
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/279-c0945463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。