サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対カメルーン戦の代表メンバーについて

 日本代表のメンバーが発表されたが、攻撃陣が大幅に変更されたのは当然の事で、何かホットしたような気分になる。

アジアカップ終了後には、入れ替えを示唆したと思ったら、また、ほぼ同じメンバーで行くような発言をしたりと、サッカーファンを一喜一憂させてくれたが、今回、選出されたメンバーを観ると、ケガやコンディション等の理由で招集されなかったケースもあるので、びっくりするほどのサプライズ選出はなかったといえよう。

ただ、これで千葉勢は浦和に移籍した「阿部」以外は、オシム就任当初に大量選出された≪個々の能力では招集されなくても驚かない≫顔ぶれが全員外された点に注目したい。負傷中の「羽生」は、今後どうなるか不明だが、オシムの戦術を表現できる選手主体で戦う事と、戦術的な練習時間が少なかった為に、千葉と浦和連合にプラスαという構成のチーム編成を基盤にしてきたが、それを終える段階にきたと解釈すれば、この時期に千葉勢を外したのは、良いタイミングだったと評価したい。

 巻・山岸・佐藤勇・羽生などは、セットで起用された時に効果的な役割を果たすレベルの選手であり、個人能力の高さで勝負できる選手ではないからだ。特に再三再四指摘している「山岸」は、その典型的な例であり、アジアカップの「カタール戦」「韓国戦」での起用は好意的に解釈すれば「オシムの判断ミス」だと思いたい。
 非常に残念なのは、他の才能ある選手たちに「経験の場を与えるチャンスを潰してしまい活用できなかった」事である。願わくば、山岸は二度と戻ってきてもらいたくないと強く念じる。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/282-43c4cbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。