サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対カメルーン戦で良かった事

 A代表の対カメルーン戦は面白かったし、なかなかの功ゲームだったように思う。DFラインに「トゥーリオ」が入って本来の守備陣形が整った事、攻撃のトップの3人を同時に起用して良い感触を掴めた事。この2点を具体的な成果としてあげたい。
 功ゲームとなった要因として、日本が前半に先取点を挙げたのが大きかった。ホームとはいえ格下の日本に失点した事が、コンディションに問題を抱えている中で、カメルーンがゴールを狙って真面目に戦う姿勢を見させてくれたのだから。

 トゥーリオは、先制点ばかりに注目と評価が集まりがちだが、むしろ守備面を評価するべきだろう。このDFラインだったらアジアカップも優勝出来たはずだ。「阿部・中沢」と並んだ時よりも安定してたのが判ったはず。

それと攻撃陣3人があれだけやれたのも驚くに値せず。特に田中達也は素晴らしい。現時点で日本の宝だよ!!!本当にアジアカップに間に合っていればと惜しまれる。それと前田が良かった。ポストプレーさせたら、今、日本で一番上手いんじゃないか。このメンバーでの連係プレーなんかビッシリ練習してないのにあれだけやれたってのはセンスの良さだと思う。少し要求すれば、もっとゴールに向って積極的に行って欲しかった点か。ゴール狙わないでポストプレーばかりだと、守る方は対策を立て易いのと、巻のような豪快さと走力があればかなり使えると思う。そうすれば代表に定着させたい選手だ。

 後半はメンバーを代えた事で、バタバタしちゃってカメルーンにペースを握られたけど、いろんな選手をテストするという目的が無かったら、もっと互角に近い展開になったのではないか。

とりあえず合格点をあげたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/284-51de9cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。