サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表・サプライズ発表

 オーストリア遠征のメンバーが発表されたけど、また追加発表方式か。今回、19人発表で最終的に23~24人召集って事は、後は誰だ?FWだけの追加発表ならば「前田」「田中達也」「大久保」「山瀬」「巻?」これで合計24人になるけど、もしこれで決まりだったら、サプライズは二つある事になるんだけど人によっては3つか?

 「松井」が招集されたのは当然で、今まで呼ばれなかったのが異常だったのだからサプライズではない。呼ばれなかったのがサプライズだったのだから。最大のサプライズは「山岸」で次が「羽生」だ。「巻」が呼ばれたら、サプライズだと思う人もいるだろう。

例えば、Jリーグでの内容と結果を観て評価するのは間違っていないし、頑張れば召集されるという希望を与えるのだから良い事だが、山岸と羽生、特に山岸は、ここまでの代表のゲームで国際レベルでは通用しない事が証明されてる選手だ。この二人は戦術理解力と体力は優れているから、オシムのスタイルを実行できる選手、つまり走って考える事の出来る選手とされている。
 だが実際のゲームでは技術レベルが低すぎてイージーミスを犯したり相手守備陣の脅威とならない場合が目につく。しかも年齢的に観て技術的にはあまり伸びしろが無い選手だ。これは何を意味するかというと、《個のレベルアップ》は計算しない方が良い選手だという事だ。だから、この二人を招集して国際試合を経験させても、【 日本代表のレベルアップ 】にはつながらない可能性が極めて高い事になる。

 それよりも高い技術を持っているが、体力と戦術理解力に問題がある選手に体力や走力アップのトレーニングをさせたり、戦術をマスターさせる方に重点を置いた方が、技術をアップさせるよりも可能性がはるかに高い。それは代表をレベルアップさせる事につながる。

 山岸・羽生の二人、あるいは巻を含める、彼らを代表の合宿に参加させて、遠征に帯同させて、ゲームに出場させる事によって、彼らよりも良い素材の若手選手に経験を積ませる機会を奪う事になっているのだ。

オシムに求めたいのは目先のゲームの為に自分の戦術を理解している千葉勢を無節操に起用するのではなくて「稲本」「松井」「田中達也」「大久保」らに、オシムの志向する戦術を理解させるためにトレーニングを行い、ゲームを通じてマスターさせる事だ。


 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/285-5cf307a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。