サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対カタール戦について

 カタール戦は、生真面目で律儀な主審のおかげで、一人退場に5分のロスタイムと、あわや同点に追いつかれるか冷や冷やするような、スリリングな展開を楽しませてもらった。

このゲームで、最も大切なことは何かというと「勝つ事」である。良いゲーム・楽しいゲームを見せてお客さんを喜ばせる事ではない。これは北京五輪最終予選であって親善試合ではないし、特に相手が同じグループの最大のライバルの強敵のカタールなんだから、まず結果が大事だ。アジア大会、そしてこのゲームを観ても、明らかにカタールは強い。このようなケースでは、格好良く見栄え良く戦うのではなく、無様でも良いから何がなんでも勝つのが望ましい。

また次の点を確認しておこう。
この予選を勝ちぬく条件はと言えば、最終戦を終えた時点で最も多く勝ち点を挙げたチームであって、全試合に勝利する事ではない。だからアウェイのカタール戦は負けも覚悟するべきだし、引き分けでも良いという状態になっていれば問題ないと考える。最終戦のサウジとのホームゲームで勝って出場権を獲得するとい展開になっても、一向に構わないのだ。

このカタール戦では、チームがまとまってきた、勝利→五輪出場という目標で、全員の意思が統一されてきたように感じた。ゲームに出た選手のプレーから必死さが伝わってきた。五輪予選の初戦「ベトナム」戦は酷かったが、サウジ、そしてカタールと一緒に行動して実戦を積む事でチームの結束力が高まっているように見える。このチームは厳しいゲームを戦う事で成長していくのではないだろうか。

スポーツは、勝負事は相対的なものだから、一人退場になってからカタールに押し込まれたからといって酷評を浴びせるのはおかしい。たぶんアウェイで今回来れなかった主力選手が復帰したら、先ず負ける公算が大きいだろう。そのような強くてハイレベルな相手に、あれだけやれれば、それなりに評価するべきで、川淵」「田島」が、憮然としていたのが不思議だ。

 二人とも、どこが、どのようにダメで、どうするべきかを指摘していない。「これじゃ、アウェイでは勝てない」というけど、このカタールにアウェイで勝てるなんて初めから無理だと思うので、あとのベトナムとサウジに勝てば良いというプランで臨めば悲観的に見る必要はないのだ。

なんか、チケットの売れ行きが悪いとか、スターが生れないという要因が「反町退陣」の大きな理由にも思えてくるけど、それは思いすごしだろうか?なんか「川淵」の態度や言動を観ていると、「勝ったから反町をクビに出来ないので八つ当たりしているように感じるがどうだろう」

それに絡んでだが、誰が決めたのは知らないけど、なぜMVPが「柏木」なのか?もちろん柏木は素晴らしいし、「山岸」なんか外してA代表に入れて欲しい。だが今回はGKの「山本」だろう。あと退場になるまでの「本田拓」も候補の一人として位置づけたい。前半の本田の守備の凄さ、賢さを正当に評価しないと守備陣が報われない。派手じゃなくても地道に頑張り成長した選手にも注目していこう。

とりあえず勝って良かった。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/289-8658dc5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。