サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームの名称・愛称について

 名古屋グランパスがチーム名から「エイト」を外すという。いや~やっと外したか、良かったなという感じだ。

末広がりで縁起が良いという理由で「八」をチーム名に加えるなどという、サッカーとは全く関係ない理由で大事な名前を決めたと知った時には唖然として声が出なかった。

 もう随分と言われてきている事だが、Jリーグに限らずチーム名に意味不明の造語をつけるクラブが多すぎる。四国の某クラブなど、冗談だと思って笑っていたら本当に凄い名前にしちゃった所もあるし。

 日本代表にもニックネームを付けようなどというキチガイじみた意見が出た時には、そのアイデアを発信した背景を推測すると不快感で反吐が出そうになった思いがある。提案したのは、あの一億以上の負債で破綻したネット企業の関係者だろう。いつか「正論」の方で取り上げようかと思っているが、日本代表チームというのは「国家代表」なんだよ。グランパスだって名古屋の代表のような位置づけと考えても良いんじゃないか。

 ニックネーム付けたいと希望するなら例えば日本代表チームならば、こんな具合に考えるのが普通だし常識じゃないか。
「神風」 「菊水」 「桜花」 「皇軍」 「神軍」 「靖国」 等、本当に素晴らしい名前が有るのに、サッカー中継の番組の中で「ベンゲル」に意見を聞いてる会話の中で「ブルース」だとか言ってる輩は国賊だ。

 韓国が代表チームを常備軍制度として編成してきた時には、それ相応の名称を付けていた。最初は「陽地」だったか、記憶に間違いが無ければ、KCIAか特殊部隊の基地がある地名だったと思うが、次に70年代に代表をAとBに分けて編成した時には、Aを「青竜」Bを「白虎」
その次が「忠武」と「花朗」だったか。いずれにしても良い名前だと思う。「青竜」というのは韓国の海兵隊もそういう愛称が付けられていたはず。「白虎」といい「忠武」といい、強そうな本当に国家代表らしさを感じる名称だとは思わないか。

 こういう点は韓国に見習うべきだろう。 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/301-24032922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。