サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンのレッズの成績が持つ意味

 浦和レッズがACLとJリーグの両方のタイトルが取れるかどうかに興味と関心が集まっているが、ここにきて憂慮する問題が起きてきた。
それは、レッズも過密スケジュールの影響が出てきてたとい言う事。また結果がどうあれ、来シーズン以降には何らかの対策をJリーグ当局が取る必要があると思われる事だ。

 今シーズンのレッズは、アジアチャンピオンを第一の目標としつつ国内のタイトルも取る事を前提に選手層を厚くしたのだが、対川崎戦を終えた時点で負傷者続出に加えて全体的にコンディションも悪化しているようだ。もしレッズがアジアチャンピオンになれなかったらどうなるか。日本サッカー界には大きなショックとなる。あれだけ態勢を整えてモチベーションも高く、他のクラブのサポーターの好意的な応援と支持を受けながらもタイトルを取れなかったら、今後、他のクラブにとっても更にACLは難しい大会になってしまうからだ。

 ここでは、川崎のラフプレー云々ではなくて、最大の問題とされるべきは『国内の過密スケジュール』であり、『ベストメンバーの起用というJリーグとナビスコカップの規約』であるのは明らかだ。

 シーズンの終盤では選手の負傷と疲労によるコンディションの問題は当然予想される事であり、特に上位のクラブにとっては避けられない事だ。その中でレッズは多くのゲームをベストメンバーに近い陣容で戦ってきた。Jリーグ当局はレッズがACLとJリーグの両方のタイトル獲得が実現した場合には、それを前例にして、来シーズン以降、更に強硬に各クラブに対して「ベストメンバーの起用」を要求してくると予想されるが、その代償として選手が消耗してしまい選手寿命にも影響を与えるというリスクを考慮しているのだろうか。

しかも来年はW杯予選の年だ。代表選手にとっては、ほとんどオフシーズン無しでまた一年間を戦わなければならない過酷な運命が待っている。

レッズの今シーズンの結果は、タイトル獲得に成功しても失敗しても、スケジュールの調整と選手のコンディションという点に関して、日本サッカー界と選手たちにとって大きな影響を与える事になるだろう。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/303-4736c6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。