サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対アメリカ戦をどう見るか

 6月のW杯に向けた、今年、最初の国際親善試合の対アメリカ戦は、2-3で敗戦という結果に終わった。前半の内容の悪さにがっかりした人・先行きに不安を感じた人もいただろうが、そう悲観ばかりしなくて良い。

1・体力・走力主体の合宿を行なった直後で、まだ疲労が取れてない時期のゲームでは、身体が重く切れが悪いのは、よくある事。

2・オフ明けで、ボールを使った練習が少なく、しかもこのゲームでは、それまでの練習使用球と異なる仕様だった事

3・慣れないピッチと芝生に加えて、野球用の照明設備

4・対するアメリカは、今年に入ってから、すでに何試合か行い、コンディションが良かった事。またチームとして意思統一も出来ていた事。

 以上のような状況を考慮すれば、前半の惨状は当然の結果とも言える訳で、むしろ、後半あれだけ盛り返した点を評価すべきである。
 アメリカが、キックオフ当初から猛ダッシュで飛ばしてきた事もあって防戦一方になったのだが、サッカーは90分で勝負を決めるスポーツなのだから、トータルで考えれば良く、両チームにとって課題と成果があったわけで有意義なゲームだったといえるのではないか。

 若手選手に関して言えば『巻』『阿部』『長谷部』は使える可能性を示したが、出来ればスタメンから起用して、あの猛攻の中で、どれだけ対応できたかをチェックした方が、最終メンバー入りに向けた判定資料になっただろう。ただ『佐藤』は『駒野』とセットで使った方が面白かったかもしれない。

 このゲームでの課題は、前半、両サイドをあれだけ押さえられた上に、徹底的に攻め込まれた点は問題で、いくらコンディションの問題があったとはいえ、はっきりとした日本攻略法を露呈したわけで、対応策を用意しないと、オーストラリアには大苦戦すると予測される。





 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/31-351c0e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。