サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子バレーから学ぶ事

 バレーボールのW杯が行われているが観ている人もいると思う。実は自分はボールゲームでは、サッカーの次にバレーボールとラグビーが好きで観る事が多い。昔、サッカー狂会に居たころは、やはりバレーが好きな仲間と日本サッカーリーグの試合を観戦中に女子バレーの話で盛り上がり、池原幹事長や後藤健生さんに嫌な顔をされた思い出がある。「そのうちバレー狂会でも作るんじゃないか」なんて半分冗談?で文句をいわれたもんだ。

 でも、他のスポーツを観て発見した事がある。同じ女子スポーツでも、バレーの選手を観て、サッカーと比較すると体つきや身体能力だけではなく、顔の表情が違った。女子サッカー創世記の頃から発展期にかけては、まだまだ子供というか遊びの延長のような雰囲気を感じたものだ。「仲良しクラブ」見たいで、これではタイトルの掛った国際試合で勝てと強く望むのは無理かなと思ったものだ。
 もっともやってる人たちは真剣だった人も居るだろうが、会場でスタンドから他のチーム同士の試合を観ている時の態度や雰囲気が全然違ってた。バレーボールの選手は「勝負士」の顔だった。きりっと締まって目つきが鋭く、バレーボールが好きというよりも勝負に対する真剣さ、試合への意気込みが周囲に居る者に伝わってきた。それは日本代表クラスではなくて、日本リーグよりも下の実業団リーグ(つまり2部リーグ)の試合・選手たちからも感じる事が出来た。体育会というか軍隊みたいというか本当に戦っているのを実感できた。

 ようやく最近になって女子サッカーも代表クラスの選手たちからは、以前見たバレー選手たちと同じような雰囲気を感じるようになってきたのは成長の証しだと思う。


以前、アメフトが嫌いだと書いた記事にアメフトファンが文句をつけていると聞いたが、こればかりはしょうがない。誰にでも好き嫌いはある。そもそもアメフトよりもバレーボールやラグビーの方が面白いと感じるんだから個人の趣向の問題なんだ。ただ、この「サポーターレベルアップ講座」を他のブログやHPと同一視されちゃ~困る。
 だから、もしアメフトから学ぶ事があったら、それはサッカーとアメフトが好きな人に任せる。

 ブログを始めた時は思いもつかなかったが、サッカーマニアのHPやこのブログで使った表現や内容をパクられるケースが増えてるようだ。ま~それだけ、大勢の人に見られているとか、表現内容が気に入られたという意味なんだろう。
 
 自分はブログの内容や表現について著作権だの無断引用だのと騒いだりしない、逆に自分の考え方や物の見方が支持を得てるとか広がって入るんだなという受け止め方をしたい。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/310-755c23fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。