サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替え戦・広島対京都

 入れ替え戦で京都が広島を下して昇格を果たしたが、2戦とも両クラブがアグレッシブでハイレベルな非常に面白い内容だった。内容的には第1戦はホームの京都が支配して、第2戦は広島が終始攻め続けたが、京都に女神がほほ笑んだという事だ。

 広島サポーターは非常に悔しい結果だろうが、あれだけゲームを支配してチャンスを作り出していながら結果が伴わなかったのは、ツキが無かったと諦めるしかない。戦術的な点を指摘すれば、0-0も3-0もJ2降格には変わらないのだから、終盤にはもっと思い切った事をやるべきだったという悔いは残るだろう。

 例えば、システムの変更とか前線の人数をもっと増やすとか有ったと思うのだが、手を尽くして負けたというよりも物足りなさを感じる人もいたのではなかろうか。監督の采配にイチかバチかの総攻撃を仕掛けるという意思が感じられなかったのが残念だ。

 それに対して京都は戦術的に優れていたのと守備の強さと意識の徹底が勝利という結果に結びついたわけで「加藤久」采配を高く評価したい。第1戦は先取点~追加点を挙げる事が出来たために余裕を持って逃げ切れたのだが、第2戦では完全に押し込まれてしまい、DFラインが最後のところで身体を張って広島の攻撃を跳ね返していたのだが、いつ崩れるかという不安があったが最後まで集中力を切らさずに持ちこたえたのは素晴らしかった。この2ゲームから守備の大切さを学んでほしいと思う。

 広島はこれからちょっと心配で、フロントの能力が試されるだろう。ウエズレイは随分と衰えたようで、体のキレも悪くゲームから消えている時間も長すぎる。解雇⇒新外人獲得が急務だ。佐藤も主役になれる存在では無く過大な期待は出来ないし、柏木は近い将来クラブの主軸として名実ともに中心選手になるのだから引き留めに全力を尽くすべきである。

 この2試合の間にクラブW杯が開幕したが、実にお粗末な酷いゲームだった。内容的にはJ1・勝負が掛った面白さという点ではJ2よりも内容が無かった。正規の料金でチケットを買うなんて考えられない。招待券をもらっても観戦をためらうようなゲームだった。それに対して入れ替え戦は「金」を払う価値のあるゲームに感じた。
 
 さて皆さん、12月8日は真珠湾攻撃をさせられて始まった太平洋戦争の開戦記念日でした。アジアの植民地化を進め日本侵略を企むアメリカ帝国主義者を中心にした白人の輩に≪聖戦≫を挑んだ日と記憶しておきましょう。アメリカの文化・スポーツ・価値感・などに隷属するのは、祖国防衛戦争で散って逝った英霊の皆さんに申し訳ない事と肝に命じておかなければなりません。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/313-bc1935f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。