サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯準々決勝・FC東京対広島から見えた事

天皇杯準々決勝の「FC東京」対「サンフレッチェ広島」は、広島の良さと、東京の問題点を明確に示したという点で興味深いゲームだった。

 誰が見ても同じ意見だろうが、この調子でやっていれば広島はJ2に落ちる事は無かったはずだ。ペトロビッチの采配ミスは致命的で「森崎和」のCB起用が間違っていた。前線へのフィードの良さを生かすよりも守備の拙さで足を引っ張ったという事だ。チーム作りは攻撃では無くて守備から入るのが正統だというのを実証したのだ。 両サイドの「駒野」「服部」が高い位置で主導権を握ってプレー出来るかどうかと、柏木を抑えられた時にどうやって打開するかが問題で、それが準決勝の勝負を決定づけるだろう。

 さて東京は来シーズン以降は改善しないといけない部分が多く、効果的な補強策とオフの強化が順調に行かなければJ2降格の有力候補になりかねない。このゲームで眼を覆いたくなったのが「善戦と中盤でのプレスの酷さ」だった。人数は足りているのだが、プレスを掛ける動きに全く連動性が無く単騎突入しては、パスを回されて、交され振りまわされ続けている惨状で、あれではスタミナを消耗するだけで肝心の所で有効な動きが出来ない。
 最も、目立ったのがカウンターアタックの場面だ。東京が仕掛けた時には人数が少なく前線で潰されるか自滅というパターンが多かった。逆にカウンターを食らった時には、守備陣が戻り遅れてしまい、ノーマークの相手選手と、危険地域にスカスカのスペースを与えてしまっていたのだから、スタミナの無駄使いだった。

 そして攻撃でも問題点続出で、中盤から前線にかけて「ボールをキープして支える選手が居ない」のは致命的で、攻撃が単調で急ぎすぎてしまいチャンスを作れない要因となっている。後半にルーカスが投入されてから効果的なキープとドリブルで、その役割を担ったのだが、「栗沢」は、トップ下を任せるだけの技能は充分ではないし、「梶山」は守備で消耗してしまい攻めになった時にはボールをこねくり回しすぎて、チームのリズムをぶち壊す方が多かった。

 来シーズンの補強ポイントは動き回る「羽生」ではない。「走れる」「動ける」選手は現時点で大勢揃っている。必要なのは「パスを出せる」「味方が良いポジションへ出てくるまでキープできる」「苦しい状況の中で、一端ボールを預ければ周囲に余裕が生まれる」そのような才能を持った選手だ。出来れば「柏木」「長谷部」「本田圭」あたりが欲しい。無理ならば外人に頼るしかない。

 もし噂通り「今野」「伊野波」が他のクラブに移籍してしまったら、補強次第では本当にJ2降格を覚悟した方が良いと思う。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/316-53209efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。