サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝戦の見どころ

 天皇杯準決勝が終わり、広島と鹿島の決勝進出が決まった。理想を言えば、ガンバ大阪と川崎の対戦の方が攻撃的で面白いゲームが見られるから残念なカードになったと思っている人もいるだろう。

 しかし、中盤と最終ラインの守備の大切さを軽視する風潮が強い日本のマスコミとサポーターの現状を考慮すれば、日本一を決める元日決戦が、このようなカードになるのは良い事として歓迎したい。守備を軽視したジーコの代表チームが2006年ドイツ大会で惨敗した経験から反省し学ばなければいけないのだ。
 
J2降格が決まったが決勝に進出した広島の快進撃の要因は、守備ラインの修正と、攻守の切り替えの早さ、それとチーム戦術を忠実に実行した結果である。準々決勝の対FC東京戦、そして対ガンバ大阪戦といずれも、相手ボールになってからの守備に回る切り替えの速さと一対一での忠実なマークに注目したい。そして中盤で手数を掛けない速攻がビシビシと決まっているのも素晴らしい。相手守備陣の手薄になっているか弱点の部分を的確に突いているのだ。
 中盤で緩いパスを多用して手数を掛けたり、DFラインの真ん中の密集地帯に強引に中央突破を仕掛ける攻撃が目立つのがJリーグの特徴であり、そのような攻めだけを繰り返すのが正しいと信じているアホがJリーグ誕生以後、ジャーナリズムやサポーターの中には居るが早く間違いに気づいてもらいたい。「各駅停車のサッカー」では、ボールをキープしている割には実りが少なく、相手の戦術にはまってしまうという事だ。

 対する鹿島もJリーグ優勝からの勝ちグセというか勝負強さが見事に活かされているようで、「守備の強さ」「勝利に対するどん欲さ」「隙の無さ」という点を考えると、広島にとっては非常にやりづらい相手ではなかろうか。鹿島は格下の相手に苦戦して勝ちあがったが、そのような傾向はカップ戦ではよくある事だからマイナス要素にはならない。
 「大切なのは競り勝ったという事実である」むしろ楽に勝ちあがるよりもプラス要素になる可能性が高いとみるべきだ。
 強い相手に対しては長所を消して自分達のペースに持ち込む。弱い相手に対しても気を抜かずにキッチリと勝つ。一見、攻め込まれて苦戦するように見えるが、終わってみれば勝利という結果を勝ち取っている。鹿島からは、そのような勝負強さ・競り合いの強さ、90分を通しての駆け引きという点を学べるだろう。

 広島は柏木の出場停止のダメージが大きく、守備に追われる中から、森崎からどれだけ効果的なカウンターのミドル、ロングのパスが出せるかが勝敗の分かれ目になると思う。時としてエゲツナイ程の駆け引きを使える鹿島が圧勝すると予想するが、ペトロビッチがどう対応するかも見どころだ。

 当日は観戦に行くが、両クラブの守備と駆け引き、それに監督の采配の妙を観るのが今から楽しみだ。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/317-460be1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。