サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝

 昨日は天皇杯決勝戦を観てきました。
鹿島と広島のサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

 やはり鹿島が順当に勝ったわけだが、広島も健闘したと評価したい。「柏木」欠場の穴は大きく、「高萩」では埋めきれなかったが、充分に予想された通りで仕方がない。前半は鹿島のチャンスばかりが目につき、広島は攻撃では右サイドの「駒野」の攻め上がりしか観るべきものが無く、この調子では完敗かと思ったが、後半は積極的に仕掛けて見せ場は作れたのではないか。柏木抜きでもあれだけ戦って鹿島を苦しめた点を好意的に受け止めるべきだと思う。ただ注文を付ければ、1点とはいえリードされているのだから、終盤のもっと早い段階で総攻撃を仕掛けて欲しかった。「盛田」を前線に挙げたのもロスタイムに入ってからだったし、残り時間が少なくなっても丁寧にパスを繋ぐよう試みていたが、両クラブの技術の差を考慮したら、鹿島の守備のリズムを狂わすためにも、正攻法ばかりではなくて、もっと早めに強引に放り込んでも良かったのではないだろうか。

 鹿島は本当に勝負強く、試合巧者といって良い戦い方で、レベルの高さを感じた。
守備面では自分の対峙する相手と、スペースに対しては責任を持って対処する。その上で相互にカバー仕合うという役割分担と意識の高さを感じた。一対一での競り合いでの球際の強さ、しつこさ、攻撃面では効果的なサイドチェンジを入れて揺さぶったり、「田代」「マルキーニョス」にロングパスを出して裏を狙わせるか、くさび役としても活かすなど、明らかに広島よりも上手で、ロスタイムでの2点目が入らなかったら1-0で、なおかつ素人受けのしないゲームという評価が下されたかもしれないが、中盤で小笠原を中心にして結して無理攻めをせずに攻守のバランスを考えた堅実な戦い方と評価したい。

というわけで、広島の後半の奮闘と、鹿島の堅実な戦い方を観れたのは収穫だった。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/319-cd61b521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。