サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きな岡田の考えを支持する

 東アジア選手権でCBとFW陣の主力欠場に関して、岡田が前向きにとらえているので安心した。この前の記事で忘れたがFW陣には「播戸」もいたんだ。本人とファンの皆さん、申し訳ない。播戸も素質は巻よりも上だから大いに期待したい選手の一人だ。

 他の参加国がどのようなメンバー編成なのか不明のために、断定はできないのだが、日本代表は今回のメンバーでも優勝を狙うのは当然の事だが、現実的に考えたら結果よりも内容を重視したい。岡田は新戦力の実戦テストと初優勝の「二兎(にと)」を追うつもりと伝えられているが、「二兎を追う者一兎を得ず」と言われるが、3ヶ国がまともな編成でなかったら今回のメンバーでも十分に優勝できる戦力はあると思う。
 
ジーコのようにメンバーを固定化して、いつでも、どこでも、相手構わずフルメンバーを送り出すというキチガイのような采配がいかに間違っていたか、狂っていたかが判れば良いと思う。

今回もマスコミの報道は面白かった。
主力の欠場をピンチとか非常事態等とセンセーショナルな見出しで、日本人が喜ぶ、歓迎する「悲観論」を振りまいていたのが、岡田が前向きとか、好機と捕えるような発言をすると、オウム返しのようにその言葉を報じて、それまでの悲観論垂れ流し記事には知らん顔なんだから。自分のように、岡田発言が出る前に「控え組に経験を積ませるチャンスであり、最終予選に備えるべき」といったような趣旨の記事を書けないようでは、本当にサッカージャーナリストなのか、スポーツライターなのかと疑われても仕方がないだろう。

例えば、「阿部を守備の要」と報じたスポーツ紙があったけど、「要は中沢とトウーリオ」だし、守備能力もセンスも「水本」の方が上だ。まだA代表での実戦経験&公式戦が不足しており、周囲との連携にも不安がある。これは「田代」や「前田」等の攻撃陣・サイドバックの「安田」も同様で、つまり控え選手というのは共通の不安と問題点を抱えているのだ。

 だから、イージーミスや明らかに連係が十分でない事が原因のミスが出ると思う。しかし、アジアカップでの「阿部」がそうだったように我慢して使い続けて経験の場を与えなければ、若手や控え選手は育たない。今の阿部は目覚ましく成長した姿を見せてくれているが、典型的な若手育成の成功例ではないだろうか。

CBには「水本」「岩政」の二人を起用するべきで、オシムみたいに「今野」を出して、ストッパーでマンツーマンマークさせる必要はない。またサイドバックは「駒野」を右に回して左に「安田」を使ったパターンも見てみたいものだ。

 東アジア選手権がどのような結果に終わるかわからないが、すべては最終予選を勝ち抜き本大会出場権を得るためにあると解釈して、そのような視点で大会を眺めてみよう。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/328-c0f1a56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。