サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権・対北朝鮮戦

 東アジア選手権が開幕して第1戦で北朝鮮と対戦したが引き分けに終わった。
内容を見れば消化不良で欲求不満と感じた人も大勢居たはずだ。あっさりと先制されてしまい、得点できそうもないような展開と続き、後半にはどのような采配がと期待したところが、立ち上がりもメンバーは同じで、ようやく同点に追い付いたが絡んだのは交代出場した「安田」と「前田」ときては、なぜ「何も出来ない・役に立たない」山岸をj引っ張り続けて、後半立ち上がりからこの二人を出さないのかと不満を持つのは当然だろう。「中村憲」が体調を崩して出場できなかったのが非常に痛かったわけで、出場していたらもっと楽な展開になったはずだ。

今回の岡田采配は微妙なところだ。

 まず、加地の左サイドバック起用。これは失敗だったと思う。攻撃力を生かすため左にコンバートという事だったが、攻撃では全く見どころなし。むしろ守備でフィジカルと経験を生かしてカウンターに対して貢献したのが目立った。

 水本のフル出場は、北朝鮮のパワフルな速攻に戸惑ったようだが、あまり参考にならなかったので評価は次回に持ち越しだ。

 播戸と田代は北朝鮮の強くて激しいDF陣が中央を固める中でよく頑張ったと思う。非常に残念だったのが、中盤の組み立てをする二人のうち、中村憲が出場できず遠藤の孤軍奮闘の状態だった為に、相手DFの裏を取りたくても良いパスが出てくるチャンスが少なかった。羽生と山岸からは全く期待できないのだから無理もない。特に播戸は裏へ出るタイミングと連携が合わなかった。注目すべきは播戸が左右両サイドに開いてチャンスを作る能力が通用すると判った事。

 安田は素晴らしかった。振り返ってみても、代表初出場の選手で、しかもあの若さで、北朝鮮を相手に、こんなに思い切って堂々と仕掛けた選手は今まで見た事がない。ドイツ大会予選で埼玉スタジアムの第1戦で見せた三都主の臆病なプレーと比較したら賞賛に値する。

そして内田、ここまで代表で起用された3戦の内容がウソのような出来で、攻撃力は十分に代表レベルのものと評価したい。守備はフィジカルと競り合いでは完敗だったが、経験が生かされて成長したわけで、やはり才能のある若手は実戦経験を積めば伸びる時期には目覚ましいい成長をするのが、改めて証明されたといえよう。

 山岸のスタメン、全く論外であり、そもそもなぜ代表に選出されるのか全然理解出来ない。安田や播戸や前田と比較しても、攻撃面で山岸が貢献した場面は皆無である。何の役にも立ってないのだ。
 ボールをもらった時に前を向いてキープした場面があっただろうか?ドリブルで仕掛けただろうか?第二列から裏を狙って飛び出しただろうか?播戸や田代にタイミングの良いスルーパスを出しただろうか?左右の両サイドに開いて相手DFを引っ張っただろうか?

 山岸の名前がスタメンにあるだけで応援の意欲が低下するし、10人対11人のハンディが付けられた状態でスタートするような感じがする。

これだけ新しい選手で構成されたチームで公式戦を戦ったのは初めてだったのを考慮したら本気モードの北朝鮮を相手に引き分けたのは上出来だったと思う。前半だけ見てると、とても勝ちに行く采配とは思えず、後半も北朝鮮のカウンターアタックを相当に警戒していたように感じたが、チームとしても明らかに経験不足だったのだから、選手や戦術の見極めも出来た部分があるので、残りの2ゲームではもっと良いゲームが出来ると期待したい。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/330-fd0d4574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。