サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権の有効活用

 やった!!!東アジア選手権で女子が北朝鮮に逆転勝ち。
まだゲームを見てないので内容は判らないが、選手・スタッフ皆さん、ごくろうさま、そしてありがとうと言いたい。対北朝鮮戦では海外のゲームで初勝利という事は「歴史を作った」という事だから素晴らしい。

 さて、その一方で男子は「前田」が負傷で帰国・岩政も負傷と苦難が続くが、ピンチだ。大変だと騒ぐよりも、このような苦しい状況をチーム強化とレベルアップに利用すると受け止めようじゃないか。苦しくなればなるほど、選手個々のメンタル面の強弱が鮮明になる。本当に頼りになる者は誰なのか、チームが旨くいってる時には活躍するが苦境になったりベストの状態でないと力が発揮できないといった面も発見できる。
 
 また、このような苦難を乗り越えて選手は精神的に成長するし、チームの結束力も高まるというメリットがある。この大会で悪意に満ちた大ブーイングを浴びながら、控えメンバー主体の慣れない編成で、アジアの強豪と真剣勝負を戦う中から、生き残った者だけが最終予選のメンバーに選ばれる。そして、最終予選で出番が回ってきたら、今回の経験が生かされるというわけだ。
 
 北朝鮮にまさかの引き分けと報じるマスコミが多いが、こういう表現は「朝鮮の人たちに失礼だと思う」どう見たってタイよりも強いしレベルも高い相手に対して、日本は主力は「中沢」「鈴木」「遠藤」「加地」「駒野」の5人だけで、しかも加地は不慣れな左サイド、駒野は途中出場だったんだから、引き分けたからといって落ち込む必要はない。

 川淵会長が北朝鮮戦に関して、控え選手のメンタル面に対して苦言を呈したようだが、最大の要因は「経験不足」にある。だから毎回ベストメンバー起用に執着してはいけないのがわかっただろう。
 
 次の中国戦からは、幸いな事に山瀬と中村憲が復帰出来そうだから中盤は北朝鮮戦よりも良くなるどころか本来の構成になる。今年に入っての日本代表本来の中盤でゲームに臨めることになる。中国戦での興味は第一にFWの組み合わせをどうするのか、播戸と田代はテストしたから、次は矢野と田代が有力だろう。第二に守備陣はどうするか、岩政が負傷ならば中央は中沢と水本になるとして、サイドをだれにするかが興味深いし、今野と橋本をいつ、どのような形で使うのかも注目したい。

 という事で、対中国戦も「テストをしながら勝ちに行く」采配になるのだろうが、選手の見極めを行う場として十分に活用してもらいたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/331-74a921a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。