サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ・アジアチャンピオン

 東アジア選手権で女子代表(なでしこ)が中国を破って3戦全勝で見事優勝。本当に素晴らしい。男子が3戦とも消化不良がちな内容だったのを思うと、素直に快挙達成を喜びたい。男子にも沢や大野のような選手が攻撃陣に居たらと思わせるような爽快さを感じた。
 やはり一番の要因は監督の交代ではないか。前任の大橋監督は「相手に応じた戦術や対策を練るよりも、自分たちのやりかた」にこだわったように感じる。その前の上田監督は「相手の長所を潰して弱点を突く戦術家」で、二人は別のタイプの指揮官だった。今度の佐々木監督は、「個人でもグループでも目の前に居る相手に勝つ」事を重視するようだが、この3人が指導した結果が非常に良い方向に発展しているようだ。


 これで五輪のメダルもと期待したいところだが、昨年のW杯での「イングランド」「ドイツ」戦を思い出すと、残念だが相当に難しいだろう。イングランドとは2-2の引き分けだったが内容的には完全な負けゲームだったし、ドイツ戦は手も足も出ず文字踊りの完敗だった。

 高さとパワーとスピードに対応できないと欧州勢に勝つのは難しい。身体能力と体格差を埋めるゲーム運びが出来なければ、所詮アジアでしか勝てないだろう。そこで五輪本番までに欧州遠征を行うべきだ。日本は監督が代わり戦術も異なるチームになったのだから、何が通用して何が通用しないかを肌で感じる為にも、「イングランド」「ドイツ」などの強豪と、ぜひ一度対戦して置くのを薦めたい。五輪でメダルを獲得するためには有力国との事前の対戦は必要なことだと思う。

 女子代表は節目節目のゲームでは本当に良い物を見せてくれる。「ここで頑張らないと日本の女子サッカーが萎んでしまう」「自分たちの力で歴史を作るんだ」という強い意気込みがあるしそれが見ている者に伝わってくる。代表に選ばれただけで満足してるんじゃないかと錯覚するような選手が見受けられる男子よりも好感度は大きい。

 実は先週から本日・月曜日に掛けて異常な忙しさになってしまい、やっと一段落出来た。このレベルアップ講座の更新が精一杯で、女子のゲームはまだじっくりと見ていないし、男子のほうも対北朝鮮戦を除き、分析が終わってない。今日、明日には終えて「サッカーこそ我が命」の方にアップしたいと思うので少し待ってほしい。おまけに三浦和義は捕まるし、【国賊日教組】の悪の集会に対する愛国団体の勝利や沖縄の米兵事件やら、別のブログで書きたい事が山ほどあるので、本当に急がしい。

 

 

 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/335-715fcfce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。