サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシムチルドレンを酷評した川淵発言に思う

川淵会長が、東アジア選手権の対北朝鮮戦でのプレーを元に「山岸」「羽生」「水本」の3人を酷評したそうだ。

 確かに、そのような評価をされても仕方ない面はあるだろう。しかし、山岸と羽生に対して、なぜ、今頃になって酷評するのか不思議だ。本来ならば、羽生はアジアカップの時に酷評されるべきだし、山岸にいたっては、オシムが代表に選んだ時点で「なんでだ?」と疑問符を投げつけて、その後の一連のゲームで批判するべきだ。そうすれば北朝鮮戦での、この二人のスタメン起用は無かったかもしれない。

 自分は、このブログやマニアHPや「サッカーこそわが命」の分析専門ブログ等で、再三再四「山岸」は代表レベルの選手ではないと指摘し続けている。ゲーム中に消えていたとか攻撃でほとんど役に立たないのは北朝鮮戦が初めてではない。羽生もテクニシャンタイプではないし、ボールをキープしてゲームメイクする選手でもない。二人の惨状に関しては、今までの代表のゲームを見ていれば誰にでもわかる事だ。

 名指しで批判されるとか、酷評されるべきは「代表に選んだ岡田」「スタメンで起用した岡田」である。

 そこでひらめいた。この3人に共通している事がる。そう!オシムチルドレンだ。しかもジェフ千葉出身者だ。日本協会が観客動員力が期待出来ず、川淵の意向など無視するオシムとの関係を実質的に形式的な関係だけにしたい思惑があって、それに感銘してネームバリューのない地味な選手を外してしまうチャンスと捉えているのではないだろうか。考えてみれば「山岸」「羽生」に二人に対して「山瀬」「大久保」あるいは「中村俊輔」「柏木」を比較すれば、どちらが集客力があるだろうか。 

 もちろん技術とセンスでは実力差は明らかだから、二人が外されるのは当然だが、改めて問いたい。オシムが采配を揮っていた時には静観していたのに、なぜ、今この時期に酷評するのか?それ以外にも、加地の左サイドなんか完全に失敗だし、韓国戦での今野CB起用も酷評されねばバランスが取れない。でも、加地と今野は名指しで批判をしたりはない。だから、今回の川淵発言は選手の能力以外の側面があるように感じてしまうのだ。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/336-65524f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。