サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対戦相手のサポーターの動員力に期待するのは営業放棄だ

 Jリーグが今シーズンの観客動員950万人を目標とするそうだが、大変に結構な話だと思う。実現に向けてJ1J2各クラブとも頑張ってもらいたいが一つ注文をつけたい。
 
 クラブの中には対戦相手のサポーター向けチケット販売に力を注ぐとか、浦和レッズのサポーターの動員に期待するような 【営業努力?】 をにおわせていた所もあるが、そのような戦略は完全に間違っているので即刻中止としてもらいたい。
 なぜなら、自分たちのクラブのサポーターや地元の地域住民が、大勢スタジアムへ応援や観戦に来てもらって入場者数を増やすのが本来の姿だからだ。そうしないと、場合によっては対戦相手のサポーターの方がスタジアムの中で多数を占めるという光景になってしまう。どう考えてもおかしいじゃないか。Jリーグが誕生当初「サポーターズクラブ」とか「地域密着」という発想を元に大衆化を目指した流れに逆行するのではないか。
 それではホームでやってる意味がない。ホーム&アウェイじゃなくて、アウェイ&アウェイである。昔のプロ野球はそうだった。巨人ファンの方が多いのが普通だった。

 だから、このような発想は基本的に興業であるし、プロ野球と同じパターンを追従することになる。
プロ野球でいえば「読売巨人軍」との試合・要するに人気の巨人戦で「テレビ放映権料と観客の入場料収入」を稼ごうという営業と同じになる。
 現在のJリーグの場合は、浦和レッズ戦が巨人戦に相当するような形になるのだが、ハッキリ言って貧困な発想というか、精神が卑しい。

 浦和レッズは、Jリーグ誕生当初から弱くて成績が悪くても、J2に降格しても「自分たちクラブのサポーターを増やす事と地域に密着する事に大変な尽力を費やした」それが今、実を結び各クラブの目標となるような存在になった。
 当時の超人気クラブだった「読売ヴェルディ」のサポーターにチケットを買ってもらって入場者数を増やそうとか、埼玉県をフランチャイズにする「西武ライオンズ」と提携して共通チケットを販売しようとか、そのような営業努力に重点を置いただろうか?

 他のクラブも同様で「ヴェルディ人気」に、おんぶに抱っこの営業はしていない。対戦相手のサポーターの動員力に期待するなんてのは「営業努力」ではなく「営業放棄」だ。

 たとえば「マリノス」なら、横須賀を準ホームにするよりも、まず横浜市民にサポーターになってもらってスタジアムに足を運んでもらえるような努力をするべきだ。浦和レッズは弱くても、全国的な人気スター選手が居なくても、日本代表がゴロゴロと並んでなくてもサポーターは増えたし、地域住民の支持を得て、自治体との良好な関係を築きあげることに成功したじゃないか。

 東京ヴェルディを見れば良い。ホームゲームなのに、対戦相手のサポーターの方が多い時もあったそうじゃないか。それを情けないとか恥ずかしいと感じるのが本来の姿である。

ジェフ千葉ならば「京葉線や総武線沿線をジェフ一色に染めてみせる」とか、柏レイソルなら常磐戦沿線をレイソルサポーターの温床地帯にしようとか、そういう意気込みで取り組んでもらいたい。





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/338-95d1a839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。