サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグ優勝に向けた重要なポイント

 いよいよ、明日Jリーグが開幕する。そこで順位予想といきたい所だが、各クラブのキャンプやプレマッチを見てないから判らないので、順位予想は難しい。

「鹿島」「浦和」「川崎」「ガンバ大阪」が有力という見方が大勢だが、たしかに順当な所だと思う。浦和とガンバは選手層が厚い。鹿島は安定した戦い方が出来そう。川崎は爆発力がある。この中からどこがタイトルを獲るか決め手になるのは、なんだろうかと考えてみるとだ。

1・一シーズンを通して安定したゲームが出来るか。
2・主力が負傷した時に穴を最小限に防げるか、あるいは采配で穴埋めできるか
3・良いコンディショニング
4・攻守のバランスが取れているか。

 こんな事は誰でもすぐに思いつくだろうし、実際にタイトルを取る上で重要なポイントだ。しかし、もっと大きくウエイトを占める要因があるのが、他国のリーグでは見られないであろう、Jリーグ独特の特徴だ。それが悪名高い「ベストメンバー」規定だ。

 もしオジェックが、ベストメンバーの起用で全ゲームを乗り切ろう等という愚行に拘らなければ、昨シーズンのJリーグの優勝と、おそらく天皇杯も、「浦和レッズ」がダブルタイトルに輝いていたであろう。

 昨シーズンの浦和は大きな教訓を残してくれた。それは、どんなに厚い選手層を準備しても、いつも同じメンバーでゲームに臨んでいたら、主力メンバーは疲労蓄積、控えメンバーは実戦から遠ざかりゲーム感覚が鈍ってしまう。その結果、明らかに勝てるはずの格下のクラブとのゲームを落とすいう事だ。

 そこで次のポイントが非常に重要になってくる。
ベストメンバーの許容範囲内で、どのように選手のやりくりをして1シーズンを乗り切れるかだ。特に今シーズンは北京五輪とW杯予選が行われるから、従来のシーズンよりも不確定要素が入る比率が高くなる。監督とコーチングスタッフの采配の見せどころであり、フロントの理解度とJリーグ当局との駆け引きが出来る政治力・交渉能力も問われる。

 ACLに出場しない分だけ「川崎」が有利だと思うが、主力7人抜きでも大幅に戦力ダウンしないガンバの総合力は捨てがたいのではないか。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/341-36cd6017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。