サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008シーズン第1節を終えて

 Jリーグが開幕したが、開幕カードで格下と思われていたクラブが健闘したおかげで、下克上の雰囲気が漂う油断のならないシーズンになりそうな予感がする。優勝候補と予想された4クラブのうち、鹿島だけが快勝を収め。残りの3クラブは不本意な結果となった。
 
 ひょっとしたら大勝かと期待された川崎はヴェルディに大苦戦の末に引き分けに持ち込まれ、ガンバは主力が抜けて大幅な戦力ダウンとなったはずの千葉と引き分け、浦和はマリノスに完敗と言われても仕方がないようなゲーム内容だったようだ。 それ以外にも、優位が予想されたジュビロが柏に、また清水もホームで大分に、それぞれ敗れてしまった。

 各クラブのサポーターの一喜一憂する姿が想像されるが、残念な結果になっても、まだ始まったばかりだから、いくらでも挽回可能な時期だというのを忘れないように。

 たとえば、浦和とガンバは代表に主力選手を取られたり、レギュラークラスの移籍や入団に伴い、まだ連携やチーム戦術等に問題があるようだが、これらはシーズン中の練習と実戦を通してクリアーするしかないだろう。開幕から負け知らずの全勝優勝などあり得ないのだから、立ち直る時間と機会は十分にあると思えば良い。

 また健闘したクラブは、一シーズンを通して同じレベルのゲームが出来る保証はないのだから、あとは、どこに照準を合わせてリーグ戦を乗り切るかという課題がある。だから、例えば浦和や川崎といった上位陣と予想された相手に対して善戦健闘したのに、自分たちと同レベルか格下の相手に対して、引き分け・敗戦を繰り返すという結果を残すクラブが現れても不思議ではない。
 そういう事はリーグ戦ではよく見られる光景で、優勝候補と評判が高いクラブは標的となり厳しいゲームが待っていると覚悟して臨んでもらいたい。標的となるという事は、相手に研究されて対応策を練った相手が待っているという事だ。

 第1節が終了して「千葉」と「ヴェルディ」が、以外とやるんじゃないかと期待出来そうなようだが、安定した力を発揮出来るかどうかは疑問だが、上位陣以外の相手に対してどこまで戦えるか興味深い。両クラブとも監督が交代して新しい色を出す上に、キャンプでは全体練習を行う期間もあったのだから、意志統一という点では徹底されていると思われる。特に開幕当初はモチベーションも高いから、対戦相手にとっては厄介な相手になるかもしれない。

次の第2節が楽しみだ。


 


 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/342-e99c4a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。