サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督の差が出た・「浦和対マリノス」

浦和レッズがマリノスに負けたが、ポイントは、浦和の攻撃陣が昨年とは変わっているのにも関わらずに、オジェックが何も手を打っていなかった事にある。

 昨年のツートップは「ワシントン」と「永井」だったが、「高原」「エジミウソン」ではタイプが違うし、それに加えてMFでは「長谷部」が抜けて「ポンテ」が離脱してる中盤の構成も異なるのだから、攻撃パターンが昨年と異なるのは当然である。したがってキャンプ中でも、そのことを前提にした戦術練習が行われていなければならない。
 マリノス戦に関して言えば、「高原」と「エジミウソン」の二人のコンディションが良くなかった訳で、マリノスが1人退場後に「永井」「田中達也」投入で4FWにしてスペースを消してしまうなどは、ある意味、悪循環だったともいえる。

 オジェックのミスは明らかだ。
昨年とは攻撃陣が異なるのに、戦術変更も含めた練習を行った形跡が無い事。
ポンテ復帰までの対応の見通しが甘かったのではないか。

 この2点の意味するところは、補強が不十分だったのと、キャンプ中の練習が失敗だった事を意味する。おそらく「オジェック」は代表に主力メンバーを取られているから、紅白戦を繰り返す事によって、選手間のコンビネーションを高める事に重点を置いたのではないだろうか。本来ならば「高原」「エジミウソン」の二人を活かす為の攻撃パターンや、ポンテがいない場合の中盤の組み立てなどの、戦術練習に時間を費やすべきだったのではないか。

 それに対して、マリノスの桑原監督が、10人になってから、坂田を入れたのは冒険でも積極的な姿勢でもなんでもない。理にかなっている采配である。
 退場になったのがFWのロニーである。ここで更にFWに代えて守備の人間を入れたならばどうなるか。前線を放棄する事になる。その結果、浦和の波状攻撃を浴びて力尽きるかもしれない。
 相手が優勝候補の浦和だが、圧倒的な強さがあるわけではなく、しかもコンディションに問題があり攻撃陣が有効に機能していないのがゲームの途中でも明確となった。だからスピードのある坂田を入れる事で相手にカウンターへの備えをさせる効果を期待し、またトウーリオの攻め上がりを防ぐ意味もあったのではないかと思われる。

 9日付の「スポニチ」紙上で「スポーツライターの誰かさんが言ってたような」自分たちのゴールから一番遠い選手を替えるのが、一見、セオリーで理にかなっているように思うが実はそうではない。
対戦相手の特徴や状況や相対的な戦力比較・それと時間帯、ゲームの流れ、等を読んで分析して一人退場となった時も、誰と誰を代えて、交代選手に何を求めるかで、選手起用方法は異なるのだ。FWを一人は残して置いて、中盤には第二列目から飛び出す能力のある選手を入れる。
 
 特にトウーリオのような攻撃が大好きなCBが居る相手に対しては、ツートップのFWを二人とも外してしまいMFとDFだけで固めて守って逃げ切るだけしか考えない采配は、一方的に押し込まれる展開となり自滅する危険性がある。だからトップには誰かを残しておく必要がある。
 また中盤の誰を替えるかという点で行けば、消耗して疲労が心配される選手か攻撃力はあるが守備に問題がある選手を替えれば良い。そう考えたら坂田を投入した桑原采配は理にかなっているといえるのだ。

 その判断を、見極めをどうするかが、監督に任せられた「駆け引き」であり「采配の妙」でもあるのだ。

 したがって勝負を決定づけたのは、両クラブの選手の戦力の差ではなくて 「監督の采配と適切な戦術選択」であった。


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/343-81d504f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。