サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和対名古屋・オジェック采配に疑問

 浦和レッズが名古屋に負けて開幕2連敗、それも無得点で内容も良くないために、サポーターの間からは失望と不満が噴出しているようだ。

 負ける時や上手くいかない時には、このような展開になるという見本のようなゲームの進行状況だった。立ち上がりから一方的にゲームを支配されてしまい、選手がパニックに近い状態にも関わらず、ほとんど対応策も取られない中で失点して、シュートはポストに当たり、バーの上を越えてしまい、そのうちにチャンスも作れなくなり、焦りが凡ミスを生み自殺点に近いような形で追加点を奪われてしまった。上手くいかずに負ける時というのは、こんなものだから覚えておくとよい。

 このゲームも、オジェックの采配は不可思議な部分が多かった。あれだけ、両サイドに振られて、いいように攻め込まれているのに、これといった対策はとらなかった。無策といって良いだろう。もし監督が昔ヴェルディで指揮を振るった「ネルシーニョ」だったら、失点する前に守備面を修正したはずだ。しかし、オジェックは失点した後もなにもしなかった。選手のパフォーマンスが低いと感じたら、3BKを4BKにしてサイドのスペースを消すか、そうでなければ両サイドのMFの「相馬」「平川」に守備重点でチェックを厳しくさせるか、あるいは逆にポジションを高めにして相手を牽制するか、方法はあったと思うのだが、全く手を打たなかったのは理解しがたい。

 名古屋が前半からハイペースで飛ばしていたから、後半はバテるのではないかと見ていたが、運動量が落ちたのは浦和の方だったのは意外だった。キャンプでは紅白戦ばかりやっていたと伝えられていたが、体力や走力トレーニングはやってないのか?それに球際の弱さも異常で、ほとんど競り負けていたのではないだろうか。粘りもしつこさも全然見られずに、ずるずるっといってしまったように感じる。大きな疑問なのだが、オジェックは田中達也が嫌いなのだろうか?交代枠が一つ残っていて0-2でリードされているのに、なぜ出さないのだろう。

 もう一度振り返ってみよう。
1・キャンプの内容が問われるようなコンディショニング
2・苦境に陥っているのに修正しない
3・リードされてるのに交代枠を有効に使わない

 もしオジェックに見切りをつけるならば、4月中だと思う。どこかでタイムリミットを設けておかないと、取り返しがつかなくなる。だから、この後も、内容が悪くて結果も芳しくないならば、フロントの決断力と判断力が重要になってくる。 
 
それに対して、名古屋は一人一人がボールを持った時に自信を持ってプレーしていたように見える。一対一で浦和の選手と対峙しても、明らかに主導権を握っていたのは名古屋の選手で精神的に優位に立っていたように感じる。全体的に、ストイコビッチの現役時代を連想させるような綺麗なサッカーだったのが印象的だった。大胆に思い切って仕掛けるから見ていて楽しい。名古屋がまだ調子が良い状態を維持できている間に、一度でもスタジアムへ行って生で観戦する事を薦めたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/348-5c995c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。