サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジェック解任の解釈の仕方

オジェックの解任に関して、スポーツ紙の報道の仕方と「田嶋専務理事」の発言について、サポーターの間に誤解が生じる恐れがあるので、ストレートに受け取らないで次のような見方も必要だ。

 今朝の日刊スポーツは、一面で「選手が斬った」という見出しを付けている。他の新聞も「選手の要望が通って、オジェックをクビにした」という論調が見られる。あるいは「規律重視のオジェック」に対して「エンゲルスは対話路線」で逆の対応をするかのように書いているが「規律と対話」は相反する指導方針ではない。「選手と距離を置く」と「対話路線」ならば対極の立場になるが、なぜ「規律」と「対話」を全く逆のように報じるのだろうか。エンゲルスは「規律は必要ない」とか「ピッチでは自分勝手にやって良い」等と一言も言ってない。戦術を教えない、練習しないオジェックの方が、ある意味、自由奔放だったという解釈も出来てしまう。

 また、田嶋専務理事の発言として「ひどいな。たった2試合だよ。選手(の意見)に流されるのはよくない。選手だって一枚岩じゃないんだから」とクラブ首脳陣の下した決断を理解しかねる様子。と報じられている。この発言が全部だったのか、あるいは一部だけを取り上げて記事にしたのかは判らないが、あまりにも短絡過ぎる。

 「選手が斬った」というが正確ではない。なぜならば、昨年シーズン中にオジェックに造反&批判した二人がどうなったか。「ワシントン」をクビにしたし、今シーズン開幕前には「小野」を放出した事を前提にして論評するべきである。
 つまり、浦和のフロントは、まず監督批判を露骨に行った選手二人を「先に斬った」と認識しよう。前に記事を書いたけども、監督と選手が対立した時に、選手側の言い分がまかり通っていたら、規律が無くなり指揮系統がメチャクチャになってしまい、浦和レッズが「第二の読売ヴェルディ」になってしまう危険性があったという事も覚えておいて欲しい。 そしてシーズンが開幕しても ≪昨シーズン終盤の悪い雰囲気が続いていた≫そこで、≪次の策として今度は監督を斬った≫というわけだ。
 
 このように一連の流れを見ていけば、浦和のフロントの対応は順序どおりの判断で理にかなっているのが判ったと思う。だから、田嶋専務理事の発言のように開幕からたった2試合でクビにしたのではなく、昨シーズンからの積み重ねを評価して判断したのだ。
 
【 選手は監督の指示に従う 】⇒ 【その結果に対する最終的な責任は監督にある 】 ⇒ 【 監督の采配が適切かどうかを判断するのは選手ではなくフロント 】 ⇒ 【 選手や監督の去就に関してはフロントが決定権を持っている 】  

そういう点で田嶋専務理事の「選手に流されるのは良くない」という発言は正論ではあるが、ここまでの全体の流れを見た上で発言するべきだったと思う。ただし自分は「田嶋専務理事」と「オジェック」が親しい友人なのかどうかは知らない。




 





 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/350-050efa73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。