サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記者証の無駄使いは辞めよう

 浦和レッズが、エンゲルス就任後、初の本格練習を行ったという。

非常にびっくりしたのが以下の報道である。

ゲーム形式練習が中心で戦術練習などほとんどなかったオジェック前監督と対照的に、エンゲルス新監督は約1時間10分の練習の約半分を、守備からのビルドアップに重点を置いた「戦術練習」に費やした。坪井、堀之内の両DFは「ビルドアップ練習は(オジェック監督のときは)やったことがない」と口をそろえた。

 マスコミ各社の浦和レッズ担当記者、あるいは取材した記者やフリーライター・そして選手や関係者と親交が続いてる芸能人や文化人、彼らの中で、オジェックの練習方法に関して、疑問符を付けたり、批判的な意見や感想、あるいは提言などを、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等で表明した人は何人いただろうか?

 このような事は練習を観てれば、何も今更「坪井」や「堀之内」に聞かなくても、とうの昔に判っている事だと思うのだが、正規に記者証を発行されて、選手や監督やコーチスタッフ等に直接対面して話も聞けるのに、一体、何を取材しているのか?何処を見ているのか?

 これならば、練習を見学に行ってる熱心なサポーターが自分でブログを立ち上げて、練習内容と感想や意見を書き込んで公開してくれたのを読んでる方が参考になるし役に立つではないか。

 レッズが勝ち進み、人気があるから、辛口や、マイナス要素となるような事に関しては書かないか、触れないようにして、一緒に勝利に酔いしれてきたとしか思えない。また、練習を見ても何が欠けているかがわからないのかもしれないし、勝っているからこれで良いんだと思っていたのだろうか。
 更には、選手や関係者の苦労話や出世話に関するエピソードや人間模様などにスポットライトを当てた人間ドラマやスポーツフィクション等に傾斜した話題にしか興味や関心を示さない連中が、大勢いるのではなかろうか。

 その手の連中に【IDカードを発行してプレスとしてスタジアムやその他施設に入場させて、ゲームや練習を見させても、ほとんど無駄だ】というのを証明するようなのが、今回の練習内容の件の報道である。 記者席を減らして、サポーター席に割り当てるか、【取材じゃなくて観戦してるのと同じ】なんだからチケット代金をとっても良いんじゃなかろうか。、

 繰り返しになるが、新聞の記事を読んでるよりも、熱心なサポーターの練習見学記事を読んだ方が本当に参考になるような気がする。それにしても「日本代表監督にオジェック就任」と報じた日刊スポーツの記事には「オシム流の後継者としてふさわしい」と書いてあったのを思い出したけど、オシムって千葉でも代表でも、紅白戦ばかりやっていて戦術練習はやらなかったんだろうな。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/351-ef439a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。