サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田よ!悔いを残すな!

 岡田が堂々と自分の色を出すと意思表示した事を支持する。今の状態では出場権を獲得してもオシムの成果とかオシム流が高く評価されるが、岡田自身は「手頃な便利屋扱いか」「オカチャン」とヨイショされて、アイドルまがいのキャラクターのような存在になってしまう公算が強い。

 逆に、もし敗退したら、すべての責任を押し付けられて失敗者の烙印を押されて永久に浮かばれないだろう。その場の流行や話題性ばかり追っかけているマスコミや一部のジャーナリストなどは、ついこの間まではジーコを絶賛して全てが正しいかのように報道していたのに、掌を返してジーコイズムとは相いれないスタイルのオシムの狂信者になってしまったのを、しっかりと覚えておいた方が良い。

 本当に高い授業料を払ったものだと思う。3次予選が終了して最終予選からオシム色から脱却して自分の色を全面に出すつもりだったそうだが、それでは遅すぎる事に気がついたのは大きな収穫だ。なぜならば、最終予選に進出してくる相手はレベルの高い強豪が多いのだから、その時点で戦術変更などに着手したら、それこそリスクが大きすぎるではないか。

 キリンカップからは海外組も招集できるだろうから、4月の合宿から岡田色を徹底して浸透させなければ、中途半端な状態で3次予選の対オマーン戦は難しくなる。自分の構想のサッカーが出来るかどうかの選手の見極めも実戦を通じてチェック出来たはずで、「クビ」になるまでは本当に頑張ってもらいたい。今、クビになっても、ジーコのように4年間で後に何も残さなかったのではなく、「内田」「安田」「田代」という置き土産が出来たのだから思う存分に采配を振ってほしい。

 マリノス時代の守備的なチーム作りとゲーム運びを懸念する声が多いが、今度は代表チームの監督だから選手選考の幅は広くなる。だから基本的な物は変らなくても少しは柔軟性が出てくるのではないか。

オシムチルドレンを重宝する必要もなく大リストラを実行すべきだが、「水野」「水本」の二人は才能があるからチャンスの場を与えるよう強く望みたい。また「阿部」「今野」をCBでスタメン起用する愚行は即刻辞めるべきで、長身大型でDF出身の選手、あるいはゴール前の危険察知のセンスを、経験で身に付けるのではなく始めから備えている選手を採用してもらいたい。

 ボランチを二人にした場合「鈴木」「稲本」がレギュラーで「阿部」「今野」あるいは「中田浩二」が控えに居る。素晴らしいと思わないか。【控えに置いとくのはもったいない】そのような選手が控えに居るから選手層が厚くなり、メンバーが交代して誰が出てきても戦力が大幅にダウンしない強力なチームが出来るし、対戦相手によって、また戦術によって、メンバーをその都度修正することも可能となるのだ。ただし条件付きだ。常にベストメンバーで戦うなどと【狂弁】してレギュラーを固定してはいけない。

フランス大会の時には、限られた時間と残された選手が中心で不本意な采配だったはずだ。また同じ轍を踏む【お人好しは辞めよう】協会が岡田監督を任命した意味は「オシム色から脱した代表チームで構わないよと承認した」という事なんだから。 

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/357-8e041785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。