サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川淵と小野は、岡田監督の任命責任があるのを忘れるな

 オシムが回復してサッカーに関わる仕事が出来そうな目処がついたようなので喜ばしい限りだ。
予想以上の回復ぶりで、代表チームの惨状とも合わせて考えたら、な~んだ、もう少し辛抱すればオシム継続で行けたんじゃないかと思う人も居るだろうけど、代表監督の仕事は過酷だし、倒れた病気が脳梗塞だから、無理しない方が賢明だ。

 しかし、回復するに連れて代表チーム周辺が、ややこしい状況になりつつあるようだ。オシムは遠まわしとはいえ岡田采配に批判的なようだが、それは当然で、バーレーン戦なんか自分とは180度異なるような戦術と采配で、段階を追って作り上げてきたチームが見るも無残な状態だったんだから、イヤミや皮肉の一つでも言いたくなって当たり前だ。

 オシム流を踏襲するならば「岡田」の代表監督起用は絶対にあり得ないのだから、「日本協会→川渕&小野」は、脱オシムで行くと決断したはずで、ここにきてオシムの発言があったからといって動揺したり、岡田を人身御供や晒し者にして不振や惨敗の責任をおっかぶせるのは間違っていると、あらかじめ指摘しておこう。そういう事をしたら、川淵【キャプテン】と小野技術委員長は、はっきり言って ≪卑怯者≫である。

 オシムが正しいと思うならば、オシムが倒れた時に、コーチングスタッフで暫定的な体制をとって、回復を待つか、現場復帰は無理と判断したが、オシム流を踏襲する構想があったら、オシムと同じ流れの旧ユーゴスラビア系の人材を据えるという方法もあったのだから、言い逃れは出来ないと覚悟しておいてもらおう。

 早大→古河電工の後輩である岡田の采配に関して、川淵【キャプテン】は第三者的な発言をするのは非常に無責任であって、岡田の采配と結果は自分にも火の粉が降りかかって来ると自覚すべきではなかろうか。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/361-8ea881c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。