サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低限のお約束事はあって当然だ


 岡田が少しだけだが、「オレ流」らしき動きを具体的にするようだが、別に「管理サッカー」などとことさら騒ぎ立てる必要はない。

 テーマは「アプローチの仕方の変更」だそうで、
3BKとボランチのマークの受け渡しとか、選手個々の小さな判断の差、などを例に挙げているが、今まで、出来ないのに自主性に任せていた方が尋常ではないと考えるべきだ。また、これらは守備になった時の最低限の≪お約束ごと≫を決めておくという意味であって、管理サッカーを徹底する等と言う見方が間違っている。どうしてマスコミ、特にスポーツ紙というのは、極端な表現を用いてセンセーショナルな雰囲気を出そうとするのだろうか。こうやってレッテルを貼ってイメージを焼きつけさせてしまうのが毎度のパターンだ。
 
 「自分で考えながら走る」と言うが、常に臨機応変に判断して即興で具現化するなど非現実であり得ない事だし、そもそも、オシムだって選手の動きや戦術に関して制限したり具体的な指示を出していたはず。

 管理サッカーのトルシエは間違っていて、自主性を重んじるジーコのサッカーが正しいとでも言うのだろうか。それならばオシムはトルシエとジーコのどちらに近いかは、練習やゲームを見れば、もう答えは出ている。超おバカなスポーツ紙のサッカー担当記者は、組織で攻めて守るならば、そこには最低限のお約束事が必要だし、あるのが常識だというのが理解できないのだろうか。

新聞社にだって「就業規則」くらいあるだろう。取材にだって、最低限のお約束事・ルール・とか各社取決めみたいな物があるはずだ。

 もし、W杯出場のためには現時点での選手の能力から判断して管理した方が良いと岡田が決めたならば、それはそれで実行すれば良いだけで、守備の練習はしない、苦戦したり苦境に陥っていても、ゲーム中にはほとんど指示を出さないとか、これから大事なゲームだというのに、ホテルからスタジアムへ向かうバスの中でゲーム機に熱中したり、合宿で朝食を取らないような選手が居ても自主性の名の下に野放しにする。ブラジル人と日本人の区別がつかず同じことを日本人にもやらせる。そういう監督よりは結構な事じゃないか。





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/362-bf52909a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。