サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トトの助成金の正しい配分とは

 トト絶好調!!!

 2007年度売上額は史上2番目の約637億円。
大幅な増収で繰越欠損金は06年度末の約264億円から約97億円に減少する見込みとなったと各紙で報じられているが、この傾向が続けば2008年度の売上げで欠損金が無くなる見通しが立つんだから本当に良かった。

 ビッグが大当たりしたのが大きいのだが、売上増加に赤字激減と、まさに劇的な現象と言えるのではないか。これは文部科学省やスポーツ関係者だけではなくて「一般庶民」の勝利でもある。思い出してほしい。国会で「サッカーくじ法案」の成立が注目されていた時に、「サッカーくじはギャンブルだから青少年に悪い影響を与える。サッカーは子供のファンが多いから廃止にすべき」と≪狂ったように赤旗で連日のように反対の猛烈なキャンペーンを貼っていたのが日本共産党≫と、社会に向って実現不可能な奇麗事の妄想をまき散らす≪自称市民団体やエセ文化人共だ。≫

 一般庶民に限らず、お金は出来ればたくさんあった方が良いに決まってる。「サッカーくじ法案が成立した」という意味合いは、金儲けや、成金になる手段が一つ増えたって事なんだよ。サッカーくじ法案に反対するのは、国民が幸せになる、あるいは金銭面で余裕を持った人生を送る権利を妨害する極めて悪質で非人道的な行動なんだ。

 皆さんの周りに、反対運動を行ったキチガイ団体がばらまいたビラに載ってたマンガのような「鉛筆を耳に挟んで予想紙を読みふけってる子供は居ますか?」居ないでしょ!!!!!!!

だから、次のニュースを読んで、一言言いたい!!!

 日本スポーツ振興センターは、東京都内で事業助成の審査委員会を開き、サッカーくじの収益によって2008年度に予定しているスポーツ団体などへの助成金約10億円のうち、約8億6000万円を348件の事業に配分する案を承認した。

 サッカーくじ法案に反対した団体や自治体などに対して助成金を出すのを止めるか、審査を厳しくしようじゃないか。あらゆる難癖を付けて反対しておきながら、いざ助成金が出るとかスポーツ施設にも投入されたら、当然のように分け前を要求するなど、厚かましいにもほどがあるというもの。これは義務を果たさないで権利だけは主張するという最近の悪い風潮と共通する物を感じる。

 あれだけ狂ったように反対運動をしたんだから、「助成金など要らない」「サッカーくじの助成金が使われたスポーツ施設は利用しない」とするべきだろう。
 サッカーくじ法案に反対の国賊赤色新聞(この新聞はサッカーを含めたアマチュアスポーツのプロ化に反対したので有名)の読者投書欄には【キチガイジジイ】の、≪博打の上りで出来たスポーツ施設など有難味がなかろう≫という投書が掲載されていた。

 だから、狂気の猛反対運動をした、キチガイ左翼団体や運動家や署名活動したインチキ市民団体の諸君は、自分たちの行動の正当性を信じるならば、その信念を貫くべきである。

 地震災害の避難訓練に自衛隊が参加すると「治安出動につながるから反対」というが、それならば大災害の被害にあって、例えば家の下敷きになって猛火が近付いている時に、自衛隊が救援に来ても救助を拒否して「イヤダ!自衛隊に助けてもらうよりも、火に焼かれて死ぬ」と言って焼け死ぬならば、自らの信念を貫いた立派な人物・日本男児として評価したい。

 自分はいつも思う。「自衛隊は必要だ」「災害訓練には大部隊が参加してほしい」と表明している住民を優先的に救助すべきで、反対する人は、二の次か本人の意思を確認してから救助すべきなんだよ。

 サッカーくじ法案に反対した連中は、意地でも助成金を拒否してもらいたい。助成金をもらったり、あてにして活動するならば、諸君は、自分の権利ばかり主張するご都合主義者だ。

【 それこそ、未成年・子供達に悪い影響を与えるじゃないか 】

 ★・誕生した直後の1年目のJリーグというのは、まだ日本リーグ時代の戦力分析が相当に役立った。自分の予想はかなり的中してたから、始めからサッカーくじが導入されていればと思うと悔しくて本当に腹が立つ。

 



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/366-553cf2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。