サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪組み合わせ決定

 北京五輪の組み合わせが決まったが、正直言って、男女とも厳しい組みに入ってしまったというのが現時点での感想だ。特に男子は「死の組」に近い顔ぶれで、最悪3戦全敗というケースもあり得ると覚悟した方が良いかも知れない。以下が組み合わせと日本の日程だ。

【男子】
▽A組 コートジボワール、アルゼンチン、オーストラリア、セルビア
▽B組 オランダ、ナイジェリア、米国、日本
▽C組 中国、ニュージーランド、ブラジル、ベルギー
▽D組 韓国、カメルーン、ホンジュラス、イタリア

日本は天津で7日に米国、10日にナイジェリア、瀋陽で13日にオランダと対戦。

 アメリカは、ユースから五輪世代までのカテゴリーでは、今や本大会出場の常連となっており、どの大会でもベスト8クラスの実力を示す程のレベルの高さを持っているのは常識と言っても良いだろう。アメリカだから、サッカーが弱いとか盛んじゃない等というのは遠い過去の話で、まだ見るスポーツとしての地位を確保出来ていないのと、社会を支配している世代の支持が薄いだけで、競技人口と若い世代での人気は目覚ましいものがあるとされている。
 ナイジェリアに関しては説明の必要がないほどの強豪だし、オランダはこの世代の欧州チャンピオンで、両国とも身体能力は日本よりもはるかに高い。

 彼らと同じスタイル・戦術で正面からぶつかっていったら玉砕するだけで、勝負に持ち込めるとは思えない。日本人の特性である、「速さ」「敏捷性」「組織力」で挑むしかない状況になってしまったのは、もしかしたら幸運に作用するかも知れないというのが、わずかな希望にすぎない。

 一番、勝てる可能性のある初戦の「アメリカ」にチーム力をピークに持っていって何が何でも勝つ。そうして、ナイジェリアには引き分け狙いの戦い方で負けなければ良し、最後のオランダ戦ではオランダが引き分けでも1位通過という展開になっていれば、メンバーを落としたオランダと0-0の引き分けでトーナメントに進出という展開になるのを期待したい。

 こうなってくると「日中韓」3カ国対抗なんてやらないで、欧州かアフリカに遠征しておけば良かったんじゃないか。本当に五輪でメダルを取りたければ、アジアで切磋琢磨するのではなくて、世界に飛び出して行って、トップクラスの強豪国と切磋琢磨しないと無理と考えるのが論理的ではなかろうか。

 他のグループを見るとA組の「オーストラリア」も厳しいが、アルゼンチンもグループリーグではコンディションを落とした状態で臨んだら危ないかもしれないので、この組は面白そうだ。

D組の「韓国」も苦しそうだが、日本やオーストラリアよりは楽かもしれない。普通に考えれば、ここはイタリアとカメルーンで決まりだろう。

C組に入った開催国の中国は恵まれている。ニュージーランド戦で勝利は確実・後はベルギーを食う事だけ考えれば良いし、フィジカル面でも強い中国にとってはやり易い相手ではないかと思う。このような組み合わせを見ると、確かに開催国に便宜を計ったとしか思えないのだが、大会を盛り上げると言う意味では開催国特権は仕方がないし、激戦の組も作らないといけないのだが。A組B組は面白いゲームが見れそうだし、準々決勝あたりは相当レベルが高くて面白くなりそうな予感がする。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/369-2eae66dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。