サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京五輪・女子組み合わせ

北京五輪の女子サッカー組み合わせが、以下の通り決まったが、男子よりは厳しくないといっても、
非常に難しい組になったと言う点では安心出来ない。救いは、明らかに弱い「ニュージーランド」が入ったのと、3位でも準々決勝進出への可能性がある事くらいか。

女子】
▽E組 中国、スウェーデン、アルゼンチン、カナダ
▽F組 北朝鮮、ナイジェリア、ドイツ、ブラジル
▽G組 ノルウェー、米国、日本、ニュージーランド

日本のG組を普通に予想すれば「アメリカ」「ノルウェー」の1位2位通過は決定だが、ここは佐々木監督の手腕の見せ所ではないか。「戦いやすい相手」という強気のコメントを出しているからには、何か秘策か、あるいは目論見があるのかもしれないが、前任者よりは期待を持てそうな気がする。

 東アジア選手権での戦い方を見れば、前任者よりも優れた采配を取れる人材だと言うのが判る。
前任者は「自分たちのサッカー」に固執してしまった結果、スカウティングの資料を無視するかのような、見た目は華々しいが勝利を度外視した分不相応の戦術と采配を遂行して、格下の相手には順当に勝てるが、格上の相手に対して、真正面から挑んで無謀な戦いを仕掛けて完敗するというパターンの連続であった。
 だが佐々木監督は、そういうサッカーには固執せずに相手に勝つための采配を重要視するタイプの監督で、上田監督のように「スカウティング」のデータを参考にして、相手の長所を消す戦い方を選択する事も出来るのではないかと思う。だから「アメリカ」には勝てそうもないが「ノルウェー」には、実力差を戦術で埋めて、負け試合を引き分けに、引き分け試合を勝ち試合に持っていけると≪希望≫を込めてベスト8進出を期待したい。

 


スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/370-a7108a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。