サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関塚辞任と補強について

 川崎フロンターレの関塚監督が辞任した。名監督の道を歩みつつあっただけに実に残念だ。「過度の過労とストレス」が原因だとされているが、伝えられている通り、ピッチ以外の問題にも悩まされていたならば、もうちょっとGMが役割分担というか、関塚には安心して監督業に専念できる態勢が整得られなかったのかという疑問を感じるが、当時者にしかわからない内部状況もあるだろうから仕方がない。後はどんな形であれ、関塚がサッカー関係の仕事に復帰出来る日が一日も早く来る日を祈るだけだ。

 優勝候補とは思えないスタートに対して、川崎はシーズン途中の補強に動くそうだが、これに関しては不満を感じる。なぜ「山岸」を千葉から獲得したのだろうか?この補強は失敗と解釈して良いのだろうか。

 例えば、2-4で大敗したFC東京戦では、サイドでフリーだった山岸に全くパスが出ずに、山岸は「あれだけフリーだったのに何で出してくれないのか」と連係のない内容に悔しさをあらわにしていたと言う。しかし、これは別の見方をすれば、連係不足ではなくて、山岸の個人能力に対する周囲の選手の低い評価の表れだというのが判る。

1・山岸は日本代表のゲームでは、滅多にサイドには開かない。
2・開いてフリーでもらっても仕掛けずに「バックパスか横パス」で逃げてしまい積極性が見られない。
3・トラップもクロスも不正確
4・ドリブルしても抜けない

 あれを散々見せられては、大事な場面でパスを出すのをためらうのが普通の神経である。それよりも中央に構えている「チョンテセ」や「ジュニーニョ」に出した方が、まだ得点の可能性を感じるはずだ。つまり、フリーなのにパスが出ないのは≪連係不足≫ではなくて≪信頼されてない≫と解釈するのが正しい。
 
 山岸の持ち味はサイドに開いて切り込むのではなくて、サイドから中央に流れて行ってSHするか、裏へ抜け出すプレーだから、サイドに開いてもサイド攻撃には繋がらない方が圧倒的に多い。それならば、始めからサイドのスペースに切り込むのを得意にしている選手を起用した方が効率的だ。チョンテセとジュニーニョが居るんだから、サイドに相手を引っ張る選手の方がチーム状況と戦術に合っているしバランスがとれる。

 いったいどのような意図で山岸を補強するのかという疑問を持っていたが、ここまでは成果を見せていないのだから、この状態が続くようならば戦術か山岸の処遇を見直す必要がある。

 山岸も他のクラブに行くよりは千葉でパーツの一部としてプレーした方が、チームの勝利に貢献出来たはずだ。山岸にも川崎にも千葉にも全くプラス面がない移籍だったのがわかる。

日本代表選手だからとか、オシム流の考えて走るサッカーが好ましいからといって、安易な補強は控えるべきだろう。フッキの退団というアクシデントがあったのは災難だが、後任の高畠コーチは、その辺をよく検討して采配を振るうか補強を考えてもらいたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/373-7b36369e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。