サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クゼ解任だけでは解決しない

千葉がクゼ監督を解任したが、現在の低迷の責任は監督ではなくてフロントにある。

 そもそもの発端は、オシムの代表監督流出を容認した点にある。それまでにも、代表レベルでは無いが、Jリーグでは通用する選手を他のクラブに出して、たいした見返りも要求しないという特異なクラブ経営を行ってきたが、フロントの愚行を補ってきたのがユースの下部組織の優秀な指導スタッフの努力と、オシムの指導力であった。

 今シーズン開幕前にも、主力選手を大量に移籍させてしまい、クゼも急な監督就任ではなす術もなかったという事なのだろう。主力を放出したら穴埋めの補強を行うのが普通だと思うが、このクラブのフロントの行った強化策は、到底、自分のような人間には理解出来ない次元のものである。

最近の千葉のフロントのやっている事から、強化しているという感じが全く伝わって来ない、それどころか弱体化させているとしか思えない。Jリーグでタイトルを獲る事よりもJ2降格の為に戦力をはぎ取っているように感じるがどうだろう。

おそらく、この調子で行けば、かなり早い段階でJ2降格が決定するのではないか。前身の日本リーグ時代から、一度も下のリーグを経験していないクラブという、千葉にとって数少ない誇るべき勲章が亡くなってしまうのだ。考えようによっては、一度下を体験しておくのも良いかも知れないが、このような状態で降格しても、メンタル面でプラス要因となる物があまり無いだろう。

 フロントは、現実を踏まえつつ未来への展望と方向性、そして実現に向けたクラブの段階的な強化スケジュールを明示するべきで、サポーターやスポンサー・地元自治体に対して説明するべきだと思う。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/378-0062e359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。