サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表のボランチは誰にするのか?

岡田は、キリンカップと3次予選に「稲本」「中田」の二人のボランチ要員を召集しないと決めたそうだが、想定の範囲内の事だと思う。

 中田は膝の半月板の負傷からリハビリだという段階ならば、ベストのパフォーマンスは期待出来ないし、稲本は手術が必要ならば代表入りなど論外であるから、ここまでキリンカップのメンバー入りが 
現実の物として語られてきた事がおかしいと思うが、「明神」「トウーリオ」のボランチ起用は本当にあるのだろうか。例えば、「トーウリオ」は得点しているから攻撃力を生かしてトップ下とかボランチ等で起用したらという意見もあるようだが、プレーを見れば判るとおり、スタメンから前の方で使う選手ではない。それにあんなに動かない・走らないボランチでは、守備になった時に、ゴール正面に広大なスペースを与えてしまい穴が出来ちゃう。ゴール前での競り合いの強さ・空中戦の強さは後方から攻撃参加した時や、セットプレーで活かした方が得策である。

 もう一人、岡田のお気に入りらしい「明神」だが、身体は小さくてテクニックは高くないが献身的でチョコマカ走って頑張る選手というは、典型的な古いタイプの選手でオールドファンや玄人ぶったファンに受ける選手だ。ベテランになって今がピークかも知れないが、「阿部」の方が素材が良いし、インターナショナルな舞台では「今野」の方が力が発揮されるんじゃないか。少なくともテクニックとセンスは今野の方がはるかに上のランクの選手だ。
 守備の能力の高さ、例えば、相手のキープレーヤーをマークしながら、スペースを潰す点で行けば、五輪候補の「本田拓」「小林」が非常に優れているし、あるいはフロンターレの「菊池」なんか凄い選手になれるんじゃないか。

 この部分での選手選考とゲームでの采配は要チェックで、岡田が一世代前の古い価値観に染まった指導者なのか、それとも現実を直視しながら未来志向が可能な監督なのか、見極めが出来ると思う。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/382-a3c7ae43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。