サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和レッズ対ガンバ大阪戦について

昨日の浦和レッズとガンバ大阪のゲームは面白かったし、見応えのあるハイレベルな内容だった。ただ残念だったのが、岡田主審が普通にジャッジしなかったのと、終了直後のガンバの踊りだな。

問題のスローインのシーンは、浦和ボールなのに、「アラ!」バレーが拾って投げちゃった。岡田が増えを吹いて止めてから、レッズのスローインでやり直しと思ってたら、そのまま続行、アッと言う間にガンバが得点。さらに岡田がゴールを認めちゃったのにビックリした。もし一部報道のように、岡田も副審もスローインの際に、どちらのボールかジャッジしてなかったのにバレーが勝手にプレーしたのならば、ゴールを認めずにその時点まで戻せば良いだけで何も問題にはならなかった。

 テレビカメラの位置からは岡田は見ていないが、あのシチュエーションと二人の動きと足の長さから判断して、阿部が出したか、バレーのドリブルが大きかったか、長年の審判の経験を活かして離れた別の角度からでも判断出来ても良い程度のプレーだったのではないだろうか。だから自分は明らかなミスジャッジだと思う。審判も人間だからミスはある、それもサッカーの一部だし必ずしも特定のチームにだけ偏った判定にはならないと思ってる。

 しかし、今回のはイージーミスじゃないか。少なくともプロの主審としては非常に拙いミスだと思う。しかも、そのちょっと前のペナルティーエリア内で「高原」が倒されたのは明らかにPKだったから、ミスジャッジの連発が、いずれも浦和に不利な結果になってしまった事になる。

後半の開始に、明神が間に合わずガンバが10人なのに開始させたのは、今回の問題を分析する上で参考になる。主審が開始前に両チームの人数を確認するという基本を忘れるというのは非常に珍しいからだ。

1・この日の岡田主審の身体、若しくは精神が不調だったために「見落とし」を再三した可能性が考え られる。

2・ハーフタイムに、問題となったスローインのジャッジのミスが明らかになる状況があったか、本人も 自信の無かったジャッジを、そのまま流してしまったミスを引きずり、後半開始直後まで精神的に動 揺していた。

 それとガンバのパフォーマンスはアウエイではやらずにホームだけで行うべきだ。アウエイで行うと、挑発と受け取られても言い訳は出来ないし、騒動や遺恨の原因となる。今回でそれが判ったはずだ。「トウーリオ」が言ったように、どうしてもやりたければ、アウエイまで来てくれたガンバサポーターの前に行ってやるのが望ましい。それは相手のクラブと選手、サポーターに対する尊厳ではないか。同じサッカーの仲間としての態度や節度があってしかるべきだ。ガンバがあのパフォーマンスを続けていると、ACLやクラブW杯で昨年の浦和に対して他のクラブのサポーターが示した、クラブの垣根を越えたサポートや暖かい眼差しを得られないと思う。

【あの踊りはホーム限定・ホームゲームでしか見られない名物として、売りにすれば良い】と思うがどうだろうか?

「トゥーリオ」のボランチは辞めた方が良いと思う。確かに攻めの起点となったり、何本も前線に効果的なスルーパスを出していたが、3点目はポジショニングのミスだ。遠藤にボールが渡った瞬間、トゥーリオは最後尾に居たが、浦和が数的優位の状況にあるのに、ボランチがあそこまで下がった事でスペースを与えて、なおかつ遠藤をフリーにさせてしまった。本来のボランチならば、あのシチュエーションならば、あそこには居ないはず。これで勉強した成果が出れば良いと思うがどうなるか。

そして「明神」、NHKのアナと解説の山本が盛んに褒めてたが、浦和の2点目「エジミウソン」のヘッドが完璧に決まったが、マークに着いてたのは明神で、完全に競り負けてたのが印象的だ。あれをW杯本番でやられたら困るんだよ。マークに着けた西野が悪いという見方があるかも知れないが、その根本的な理由は「過大評価」という事なんだ。世界で通用するか否か、インターナショナルクラスの選手かプレーか、という視点でチェックして評価されなければいけない。

 鈴木啓太にはイングランドからオファーが来るが明神には来ない。これで答えが出てる。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/385-65cf7c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。